シャーシのさび止め塗装

シャーシのさび止め塗装

デイビーの整備も大詰めです。
サスペンションなど下回りの整備はおおよそ終わったので、仕上げにさび止め塗装します。
予定では、3月のユーザー車検までに塗るつもりだったのですが、とても手が回りませんでした。

これまでデイビーは、車検毎にディーラーで下回りに油性シャーシブラック塗料を塗ってもらってきました。
下回り洗浄費用込みで、一回1万五千円程度かかります。(水性にするともう少し安かったような、、)
それでも後日、車体下にもぐっていると、塗り忘れカ所を見つけることがありました(ディーラー整備士さんも人間なので、塗り落とすこともありますよそりゃ)。

それならば、自分で納得がいくまでトコトン塗ってみるか?と言うことになりました。
塗料はコレです。

昨年夏にウインチ取り付けねじのさび止めに使用した塗料です。一缶あれば一台分充分足ります。
一缶1,600円強+ハケ@100円×6本(中3本、小3本)+下回り洗車機400円=2,600円かかりました。ディーラーよりもかなり安く上がりました。

作業の前に、ガソリンスタンドの洗車機で下回り洗浄をしました。
でも結果はあまり芳しくありませんでした。
下回りの細部に付着していたと思われる砂や泥が流しきれなくて、フレームに点々と付着して、かえって汚れたような、、、

シャーシに点々とドロが、、、

仕方ないので、自分でホースで水かけて雑巾やブラシでこすって掃除しました。

でも乾くと、流しきれなかった汚れが見えてくる、、、これ以上は諦めました。

次は、サビ取り。
こんな所や、、、

こんな所をワイヤーブラシでこすります。
サビは局所的なもので、全体的には良好な状態のデイビーです。

バンパーに塗料が付かないように養生して、、、

塗り開始!

まずは前バンパー内のウインチ取付ボルトから。
昨年塗った甲斐あって、その後錆びの進行は止まっているようです。ヨカッタ、ヨカッタ。

中ぐらいのハケで、フレームの広い部分をどんどん塗って、、、

その後小筆で、細かいところを丹念に、丹念に、、、。

こんな所や
こんな所も。

細かい部分は、アッチコッチから見て、塗り忘れが無いように丹念に塗りつぶしていきます。
疲れてくると雑になるので、休憩を挟みながら根気の作業です。

一点モンダイは、プロペラシャフトに塗るかどうかと言うこと。
昔(30年前)、会社のエンジニアの師匠が(気がつけば自分もそろそろ同じ歳)、「プロペラシャフトには、高速回転したときの振動を打ち消すために、ウエイトを貼り付けてバランス取ってある」と言っていたのを聞いたことがあります。
今の車(と言っても15年前の車)もそうなのでしょうか?

探してみたら、、、ありました。

後ろのプロペラシャフトの後端。
前端にも。

おそらくこれがそうでしょう。鉄片が溶接留めされていました。
車っていろいろ細かく作られているんですね。
せっかく取ったバランスを塗料の重みで狂わせるのも何なので、塗らないことにしました。幸いシャフトにはサビも無いので。

3日かかって塗り終わりました。
キレイに塗れました。一応満足なレベルかな?

後輪周辺
前輪周辺
燃料タンク
中間フレーム

しかし塗料とハケをかたづけた後に、もう一度下にもぐって眺めていたら、、、

塗り忘れたカ所がある!!!

あんなに念入りに確認しながら塗ったのに、まさかの塗り忘れ。
しかも一カ所や二カ所じゃありません。
細かい部分の裏側などは、塗り残しだらけです。
いったい自分は何見てたのか?と言いたくなるほどです。ガックリ!!

今回の教訓

シャーシブラックは、プロにやってもらった方が良い。

小遣いがあるなら、そうした方がいいでしょう。
そもそもプロはハケではなくスプレーガンで吹くでしょうから、その方が細かいところや奥まったところにも塗料が行き渡ります。車の下回りは複雑すぎます。ハケでは限界があります。
プロにやってもらった後に自分で見直して、もし塗り忘れがあれば、小筆でチョイチョイと塗った方が、最初から自分でやるよりも完璧度がアップするし、時間と体力の節約になります。
マイッタ、マイッタ (*_*)。

車は仕上がってきましたが、出発できない、、、

Translate »