ユーザー車検前整備3 ファンベルト交換

ユーザー車検前整備3 ファンベルト交換

車検に出す前にやった事がまだありました。紹介するのを忘れていました。
ファンベルトの交換です。

日産サファリには、オルタネーターベルト、パワステベルト、エアコンベルトの3本のベルトがあります。

これらのベルトが古くなって切れると、発電できない、パワステ効かない、エアコン効かないだけではありません。
これらがウォーターポンプも回しているので、それが回らなくなり、オーバーヒートして廃車です。またスターターの回転をエンジンに伝えているのもこのベルトなので、始動もできなくなります。
要するにチョー大切なベルトです。

交換時期がどれくらいか調べてみると、HPによりまちまちで5〜10万キロの間の様ですが、走行距離にかかわらずベルトがキュルキュル泣いたり、ひび割れしたら交換時期です。

今デイビーに付いているベルトは、まだ3万5千キロしか走っていませんが、交換して2年経ち、世界に行くにあたりここで交換しておけば、旅中の交換回数を減らせるので交換することにしました。

外すには順番があります。一番前側のベルトから外します。(後ろ側から外すと、前のベルトがジャマして外れないから)
それから、外す前にベルトを指で押して、ベルトの張りの強さ(テンション)を良く覚えておきます。付けたときに同じくらいのテンションにするためです。←コレ重要!

■パワステベルト

と言うことで、最初はパワステベルト。
ベルトを外すには、この2つのボルトとナットを緩めて、、、

緩める。
緩める。

そしてプーリーの横にあるこのボルトを緩めればいいのですが、奥にあるのと角度が悪くて手が入らない、、、

そこでソケットレンチをこんなふうにつないで、、、

ボルトの頭になんとかハメるものの、力が伝わりにくいです。

それでも少しずつ回すと、プーリーがゆるむ方へ移動して、、、外れた。ふー。

と言うことで一本目!

■オルタネーターベルト

続いてオルタネーターベルト。一番太いベルトです。

コイツを外すには、この2つのボルト、ナットを緩め、、、

緩める。
緩める。

このボルトを回すと、、、

回す。抜ける直前まで全部回す。

オルタネーターが動いて、ベルトが外れます。

二本目!

■エアコンベルト

最後はエアコンベルト。

コイツもなかなか難物です。なにしろ奥の奥にあります。
この二つのボルトを緩めるのですが、、、左側のが力が掛けられず緩まない、、、

そこで、ボルトにスパナをはめ、そのスパナの柄に別の長いメガネレンチを通し、メガネレンチをハンマーで叩いて緩めました。

もちろん工具の使い方のキホンを踏み外した“禁じ手”です。
でも世界の辺境で車が故障したら、手持ちの工具でなんとかしなければならない場合も考えられます。
そんな時は、使えるモノは何でも使って、“禁じ手”でも何でもやって、とにかく直さなければなりません。
そのためには、もっとたくさん“禁じ手”を身につけておかねば・笑。

そして右側のボルトも緩めて、、、

プーリーの真ん中のナットにレンチをはめて下に押すと、プーリーが動きます。

三本目!

ここまで1時間強。
この作業は3回目ですが、何回やっても大変です。
狭いところに手を突っ込むので、腕も傷だらけになります。
腕まくり厳禁ですが、腕まくりしないと手が入らない。難しいところです。

外した3本。

状態チェック。

どれもひび割れなく、劣化も少なくまだ使えそうなので、予備部品として持っていきます。

新しいベルトがコレ!
バンドー製。これまで付いていたのと同じです。
信頼しています。

新しいのに付け替えて、前と同じくらいの張りに調整してオワリ!
新しいベルトは気持ちが良いですね。

■御法度モノの燃費アップ方法

これは絶対にやってはいけませんヨ!
やらないことを約束で、こっそり教えます。

この3本のベルトのテンションを、ほんの少し緩くすると燃費が上がります。
ぴーの経験では(だからやってませんてば!)、リッター1kmくらいはカンタンに上がります。エンジンの吹け上がりも軽くなります。
逆に締めすぎると、燃費は下がる、吹けも重くなります。

理由はカンタンです。
ベルトはエンジンの出力軸に掛かっているので、締めすぎれば軸回転の抵抗が増すし、緩めれば抵抗が減るからです。

でも、

ベルトのテンションは適正値で!

Translate »