電球 全取っ換え 前編

電球 全取っ換え 前編

デイビーのヘッドライトなど各電球は、フロントのスモールランプ以外は、2005年3月の新車購入以来、一度も交換したことがありません。つまり14年 24万km無交換&ノートラブルと言うことです。なかなか優秀な電球たちです。表彰状ものです。いったいいつまで持つのでしょうか?(フロントスモールは7年前10万km時点で球切れ交換)
しかし世界を旅している間に球切れされても困るので、ここで思い切って全部新品に交換することにしました。

世界では、真っ暗な夜の原野や砂漠などを走ることもあるかもしれません。そんな場合に備えてヘッドライトとフォグランプは、光量のあるHIDやLEDにパワーアップして、さらにはでっかいドライビングランプも後付けしてカッチョよく、、、と一瞬野望を膨らませたぴーだったのですが、やめました。

それは何故かというと、かつてぴーぱーは、真夏のオーストラリアの砂漠の道をレンタカーで旅したことがあるのですが、その時の最高気温48℃。すると手持ちのLED懐中電灯が点灯しなくなりました。熱で点かなくなったのですね。(帰国しらた何事も無かったかのように点きました)
最近の車用HIDやLEDは、熱に強くなったとは聞きますが、それでもやはり熱が苦手であることに変わりないでしょう。
ここは信頼性第一で、ヘッドライトとフォグは純正と同じハロゲン電球を。その他の電球類も同じく純正のまま白熱球にすることにしました。
点かない高性能ランプより、確実に点くローテクランプです。
(追加のドライビングランプは、予算の都合でトリヤメ・笑)

そんな訳で、清水の舞台から飛び降りて全電球を購入しました。

信頼のKOITOで揃えてみました。
点いてないのに“まぶしく見える”のはぴーだけでしょうか?(笑)

交換する前に、ヘッドライトの現状の光軸を記録します。ヘッドライトを壁に向けて点灯し、、、

エッジの部分にテープで印をつけます。

交換後も、同じ位置にエッジが来れば光軸OKとします。
それでは作業開始!

1.ヘッドライト交換

まずヘッドライトユニットに付いている、ヘッドライト、ウインカー、スモールライトの交換です。

ヘッドライトとスモールだけなら、裏側に手を突っ込めば、狭いながらもなんとか交換できそうですが、ウインカーだけはどこからどう見ても交換できそうにありません。(というか影も形も見えません)
これはどうやらユニットごと外さないと交換できないようです。

ではどうやったらユニットが外れるのか?アッチ、コッチから眺めること30分。やはりフロントグリルを外さなければならないようです。ホントに面倒な作りですね。旅中にはやりたくない作業です。

まずこれらのピンを抜いてみます。

抜いたらピンが劣化で硬化していて、ツメが折れてしまいました。ナンタルチーヤ!
交換決定。取り寄せ手配・泣。

グリルは、手応えで探ると、このあたり三カ所で留まっているようです。

中央は、このツメを押したら外れました。

両側は、ピンでボディ側に刺さっているようなので、勇気を出してグリルを引っ張ってみると、、、

無事外れました。ふぅ。

ユニットを外すには、まずこの2本のネジを外すのですが、、、それだけではユニットは外れません。

もう一カ所、このあたりでも留まっているようです。

ネジを探すこと約10分。
バンパー下から覗いたら、はるか奥の方にネジ発見!手が届くかな?

ようやく外れたライトユニット。

裏返してみると。

各電球を外して観察します。
まずヘッドライト。

右のフィラメントがLow。左がUpperです。Upperは滅多に使わないのでキレイですが、Lowはだいぶお疲れでガタガタです。
ちなみに参考までに新品のフィラメント。美しい!

もとから付いていたバルブは、ドイツのOSRAM社製でした。知らない会社です。てっきりKOITOかスタンレーが付いているのかと思ってました。

つづいてウインカー。
ガラスの内側がススで濁っています。フィラメントもガタガタです。

参考までに新品。

スモールランプは14万kmしか使っていないためか、スス汚れもなく、フィラメントもキレイでした。でも交換。

ヘッドライトバルブの穴からユニットの中を覗いてみました。
リフレクターの内面はつや消し黒で塗られていました。メッキが光っているのかと思っていました。
ユニット内面は汚れも無くクリアでした。表面も白濁なく良い状態です。

ちなみに昨年3月の車検時に、検査係の人から「ヘッドライトの光量が落ちていてギリギリだからね」と言われていたのです。そこでヘッドライトを片側だけ交換して、新旧の明るさの差を見てみることにしました。

向かって左が新バルブ。右が旧バルブです。

写真からはその差は全然わかりませんが(ぴーの写真テクが低いせいです)、肉眼で見ると、“新”の方がほんの少し明るかったです。その差一割くらいでしょうか?いや5%くらいかな?レンズを拭いたり、接点清掃もせずに、バルブを取り替えただけでの比較です。でも、新旧バルブのメーカーが違うので、製品の性能差の可能性もあります。
とにかく若干明るくなったことは、めでたいことです。
ちなみに光軸は、ずれていませんでした。

2.フォグランプ交換

フォグランプの交換です。
ボディーの下に潜って、バンパーの裏側から交換です。

サファリのバンパーは大きいので、他にジャマする物も無くカンタンに手が届きます。
取り外した旧電球。フィラメントがガタガタです。

購入当初はフォグを点けることはほとんど無かったのですが、ここ数年老眼が進み、夜間運転するときに、ヘッドライトだけだと暗いと感じるようになり、最近は常にONにしています。たぶんそのためでしょう。

レンズ内側がホコリで曇っているので清掃します。
割り箸にメガネ拭き布(東レのトレシー)を巻いて穴から差し込んで掃除します。じつは年一回のペースで清掃しています。フォグはバンパーの低い位置にあるので汚れが入りやすいのかもしれません。

隅々までフキフキします。

3.サイドウインカー交換

続いてサイドウインカーです。

どうやったら外れるのかな?
引っ張ったら外れました。

ソケットをひねって電球交換。カンタン、カンタン。

この調子で反対側も交換しようとしたところ、事件は起きました。

引っ張ったら、レンズが本体から取れてしまった! 接着がはがれたようです。
動揺で写真がピンぼけ。

どうしたものでしょうか?とりあえず車体側は、梅雨の雨が入らないようにテープで養生。

まずは洗浄。台所のスポンジでキレイに洗いました。
そして乾燥。その間に、緊急対策会議を開きました。

結論はコレ。バスコーキングで接着&密封する作戦です。

レンズ内側にマスキングテープを貼り、、、

接着部分にコーキングを盛り、、、

マスキングテープをはがし、、、

気合いと共に接着!

コーキングが硬化した数時間後。
無事、手術成功しました。

長くなってきたので、今日はこのへんで。
「電球 全取っ換え 後編」へ続く

Translate »