下みちの旅 北海道〜12 TVロケ地めぐり

下みちの旅 北海道〜12 TVロケ地めぐり

ぱー様 曰く、

極寒の車泊は、楽しくないけど面白い。

けだし名言。面白がって頂けたら幸いです、、、。

スッキリ晴れないけど薄日が

朝の気温はほぼ0℃。
この温度になると、色々な物の調子が悪くなります。

まず車のリモコンキーのボタン電池が性能低下して使えなくなります。
常にポケットに入れて温めておきます。

それからカセットコンロが着火しなくなりました。

ぴーのアサイチの仕事は湯沸かし。

一瞬、壊れたか?と焦りましたが、寒さのせいだと気がつきました。
以前は、−10℃くらいでも着火していたのですが、その時は、イワタニの低温用ボンベを使っていたのを思い出しました。
スーパーで売っている普通のボンベは、0℃くらいで電気着火しなくなるようなのでマッチ着火しました。
また普通のボンベでは火力の低下も避けられません。
北海道の寒さをナメてました。

寒い時期は、このボンベ↓に限ります。

ちなみに寒い日は、風がなくてもコンロの風防は必須です。ガスの消費量が抑えられます。たぶん。↓

かじかむ手で朝食準備完了。

納豆キムチごはん。炊きたてのアツアツご飯もすぐ冷める。

せっかくのキャンプ場なので、少し優雅に食後のコーヒータイム。
ぴーぱー愛用のコーヒードリッパーがコレ。

畳んだ状態。

狭い車内で場所を取りません。

びょ〜〜んと広げるとこうなって、、、

こうなる。

フィルターから出るガスが側面から逃げるから美味しくなる、、、みたいな事が取説に書いてあった気がします。そのせいかどうか判りませんが、これで入れたコーヒーは、何故か美味しいです。 ←プラシーボかも

コーヒー飲んだらキャンプ場内散歩。
なにしろこのサホロ湖畔キャンプ場も、先日泊まった東大沼キャンプ場に負けず劣らず良いキャンプ場です。設備もキレイ、広い、景色良し。
これで無料ですから、北海道の人がうらやましい。
(※このキャンプ場の詳細は、ぱーのブログへ↓)

優雅なキャンプ場に後ろ髪引かれながら出発。

キャンプ場への道はジャリ道ですが、乗用車でも問題ナシ。

■狩勝峠

昨日、日勝峠をドキドキしながら越えたばかりですが、今日も峠を攻めます。
峠の展望台に行って帰ってきます。高いところ好きのぴーぱーです。

3合目。

8合目。雪ナシ。

峠到着!

峠全景。

売店はすでにシーズンオフ閉店。

峠の眺望。

もっと広々とした十勝平野が見渡せるのかと思いました。
少々期待ハズレ(失礼!)。

■NHK「なつぞら」ロケ地めぐり

狩勝峠展望台に貼ってあったポスター

ここ帯広周辺には、数年前に放送したNHK連ドラ「なづぞら」のロケ地が何カ所かあるそうです。
ぴーは毎朝、横目で見ていた程度ですが、新しい観光名所らしいので行ってみる事にしました。

【しばた牧場の玄関】

旧狩勝線ミュージアム内にあります。

ひっそりと展示。

無人。

出入り自由。

こんなハンマー欲しかったんですよねえ。
もらっちゃおうかな、、、もらいませんでしたよ。勿論。

【しばた牧場への道】

とある牧場内を100m程歩いた先にあります。牧場プチ歩きを楽しめます。

木柵。これもセットだって。

主人公が悩んだときに座るベンチ、、、でももう半分朽ちかけている。

橋。

看板。ここがメイン。

いろいろ置いてありますが、ほったらかし感が否めない。
テレビロケセットと言えば、「北の国から」のロケ地、富良野の麓郷が有名ですが、それにはチョット及ばないのが残念。

【天陽のアトリエ 天陽の家】

帯広市内の真鍋庭園内にあります。
馬の絵描いていた若者のアトリエと家のセットです。

まずはアトリエ

続いて家

ここは庭園スタッフがメンテもしているのかほったらかし感はありません。
庭園の木々の中にセットが溶け込んでいい写真が撮れます。
もし一カ所だけ行くならここですね。

【清水丸山展望台】

十勝平野を見渡せる展望台。
この山の頂上です。車で行けます。

ここの眺望は素晴らしいです。

こう言う風景を見たかったんですよね。
日勝峠や狩勝峠いくより断然オススメ。
さすがテレビのロケ地。

途中見かけた風景シリーズ

羊牧場。

牛牧場。
帯広は、右も左も牧場だらけ。

この子がサービス精神旺盛で、、、

ばっちしカメラ目線いただきました。

予報では、明日、明後日は本降りの雨なので、ここでホテル二連泊することにします。
今日のホテルは、帯広のふく井ホテル。
モール泉掛け流しのホテルです。お風呂期待できそう。
(このホテルの詳細については、ぱーのブログへ。近日公開予定)

今日の移動距離。93km。

Translate »