燃料メーター直した!〜4原因発見

燃料メーター直した!〜4原因発見

3修理開始!」のつづき

③プリントパターンの腐食、断線チェック

次はプリント基板上の配線パターン(銅箔)が、腐食や断線していないかチェックします。

結果、腐食しているカ所は見当たりませんでしたが、断線を疑うカ所が見つかりました。
それがココ。

肉眼ではわかりませんが、、、

拡大すると、線状にスジが付いているカ所があります。

ルーペで見ると、矢印の先の部分に銅色の縦線が入っています。
ソルダーレジスト(緑色の保護塗料)に亀裂が入っただけかもしれませんが、銅箔まで亀裂が入っている可能性もあります。

表面のココです。

考えられる原因は、メーター照明LEDのすぐ近くなので、その熱で基板が膨張&収縮を繰り返したためか、または車体側から来るコネクターが刺さるブラケットの足部分なので、振動が伝わってひびが入ったのかも。

テスターで導通を測ったのですが導通があります。
でも熱を加えると基板が膨張して亀裂が大きくなって、断線するのかもしれないと思い、試しに加熱してみました。

白熱灯ランプで加熱。
気がつけば、我が家に残った唯一の白熱ランプでした。すっかりLEDに置き換わったのですね。捨てなくてよかった

10分加熱後テスターで再度チェックしましたが、断線はしていない様でした。問題無いのでしょうか?
でも今回は、

疑わしきは罰する!

をモットーとしているので・笑、あやしいカ所は全部つぶします。

そこで亀裂部分をジャンパー線でつなぐ事にします。
こう言うことです。

まずビニール線の芯線2本を取り出して、、、

ねじる。

予備ハンダ付けして、、、

先端を基板の片方にハンダ付け。

ヨリ線をビニール線から切り離さない方がやりやすい。切り離してしまうと、小さすぎて持てなくなる。

ここで初めて、丁度良い長さに切る。

反対側をハンダ付け。

今のパソコンや携帯は、パターンの長さが変わると動作不良になる場合もあるので(パターン内を信号が伝わる時間を考慮して作られている)、ジャンパー線もパターンとほぼ同じ長さになるように気を付けます。まあこの部分は、コネクターから伸びる部分なので、そこまでシビアでは無いと思いますが不用意に曲げたりコイル状に巻いたりしないように。

全部直しました。

疑わしきは全員罰した・笑

ここ以外には断線があやしいカ所はありませんでした。

④全カ所再ハンダ付け

修理も大詰めです。
最後に、全ての電子部品をハンダ付けし直します。
振動や熱、経年劣化で、ハンダにクラックが入って接触不良になる場合があるそうです。
(接触不良ならテスターで調べればわかるのでは?と思うかもしれませんがムリです。本当に微妙な接触不良は、テスター棒当てた力で接触してしまうので発見困難です。実際に今回、テスターでもチェックしましたが、不良箇所は見つけられませんでした)

まず、③で直したのとは別のコネクターブラケットの足部分。
すぐ横に目盛板を照らすLEDがあるせいで、熱で基板が痛んでいます。
ココとか、、、

LEDに近いところほど熱の影響を受けている様子。

ココ。

基板が膨らんでたり、粉吹いてたり、あやしいカンジ。

場所は、表面のココです。

5カ所。

そこで掃除して、、、

綿棒でゴシゴシ。

楊枝でクズ取り。

ある程度キレイになったら、ハンダ吸い取り線を当ながら溶かして、ハンダを吸い取ります。

吸い取り完了。

吸い取った下のパターンに、クラックが無いか確認。

再ハンダする。

ハンダ付けは自慢するほどの腕前ではありませんが、それでも付け直すと良くなったように見える。

メーターユニットの足もあやしい。

ハンダの劣化が一目瞭然。

メーター4カ所全部。

これも表面。

同様にハンダを吸い取って、、、

ハンダし直す。

銀色に光っていいカンジ。

大きいハンダ付けカ所が終わったら、いよいよ小さい所。
抵抗、コンデンサ、ダイオード、トランジスタ、、、全ての電子部品の足を再ハンダします。
と言っても、古いハンダを吸い取って付け直すのは小さすぎてムリなので、
コテ先を一瞬当ててハンダを溶かすだけです。
これで、クラックや剥離が直るハズ。

あまりに小さくて、ハンダがとけたときに部品が取れてしまわないように、楊枝で押さえながら作業します。コンマ何秒当てて離す。
(写真はコテが冷たいときに撮ったものです。熱いとゆっくり撮れないから)

部品が付いてなくてハンダ付けだけされているカ所も全部やります。

こう言うカ所は、基板表裏の回路をつなげているのだと思いますが、理由がわからない場合もあります。ぴーの知識不足です。

なにしろ表裏全部やるので中々タイヘンです。やったトコと、やってないトコがわからなくなります。疲れてくると雑になるので、休み休みです。

そんなカンジで作業を進めていたらナント、、、

抵抗が取れてしまいました!

この様に、抵抗の片側にコテを当てたら、、、

いきなり取れました。

実際には楊枝で押さえていたのですが、それでも取れました。
(あまりに驚いて写真を撮り忘れたので、これはフォトショップによる合成写真です)

どうして取れたか言うと、、、

二カ所の足の片方のハンダが剥離した状態で、付いている方を溶かしたから、全体が取れた訳です。
取れた部品は勿論付け直しましたが、
実はこう言うのが、

3カ所ありました。

と言う事は、反対側の剥離している方に先にコテを当てた場合もあったハズです。その場合は、もう片方が剥離していないので取れないので気付きません。
そう言うカ所が、確率的には同じくらいあったハズ。つまり全体で2倍の、

6カ所くらい剥離してたかも。

つまりそんなに接触不良だったわけです。

とうとう原因発見!!

もしくは原因の一つに間違いないでしょう。
でもこれでよく動いていたものです。
取れた3個の内、基板上で燃料メーターに近い位置だったのは1個だけ。
他の2個はかなり離れた場所だったので、他のメーター関係の部品ではないかと思います。
スピード、タコ、水温メーターが誤動作しなかったのが不思議ですが、

原因がわかってスッキリ。

最後に、接点復活スプレーを染みこませた綿棒でコネクター端子を掃除して、基板作業完了。

ちなみにこの部品の足は、さすがに細かすぎて再ハンダしませんでした。
ルーペで異常が無いか確認するに留めました。

これが心臓部。車はこれで制御されて走っている。

次回はいよいよ車両に戻して動作チェックです。

《つづく》

Translate »