エスペリアホテル長崎

エスペリアホテル長崎

2019年1月訪問

昨日のANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルに続いて長崎2泊目は、出島エリアに近いエスペリアホテル長崎です。

同じ長崎シティ内ですからホテルを変える必要はないんですけど、滅多に来ることのない街なので、色々なホテルに泊まってみようと思います。

ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルから、荷物がなければ歩ける距離。空港リムジンバスの大波止バス停のすぐ近くです。

ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルと正反対の、新しいホテルです。

中に入ると、こじんまりしたロビースペース。

午前中にやってきて、とりあえず荷物だけ預かってもらいました。

チェックイン可能時間の15時ちょっと前にホテルに戻ってきました。「もうチェックインできますか?」と聞いてみたら、可能とのこと。

しかも預けた荷物を部屋に運んでおいてくれました。これは親切・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

お部屋

お部屋は10Fでした。

今回【Booking.com】から予約したのは

スタンダードツインルーム 禁煙(素泊まり):1泊 / 10,440円

客室サイズ 15㎡
客室にはエアコン、スタイリッシュな木製パネル、ムード照明、ビデオオンデマンドの映画を楽しめる薄型テレビ、新鮮な緑茶、専用バスルーム(バスタブ、ヘアドライヤー付)が備わっています。

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

ぴーぱー予約時は、じゃらんより【Booking.com】の方が少し安かったので【Booking.com】から予約しました。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

【Booking.com】にはスタンダードツインの客室サイズとして「15㎡」と記載されていますが、じゃらんだと「17㎡」。公式サイトを確認したら「17㎡」と書かれていたので、そちらを信じて予約しました。

とは言え、ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルの27㎡と比べたら、やはり狭いです。

でも設備は新しく、ベッド周りも使いやすそう。

このホテルの客室最大の特徴は “バスルーム、トイレ、洗面台がそれぞれ独立している” こと。

『どんな感じなのかなぁ?』と思っていたら、まずデスクの横に洗面台があります。

確かに完全独立型。

狭いスペースですが色々置いてあるのはSHIBUYA HOTEL ENを思い出させます。入浴剤もあり。

洗面台の下にタオルやナイトウェアが入ったカゴが置いてありました。スリッパは薄め。

ナイトウェアはロングの1枚もの。

玄関横のトイレも完全独立型。

トイレ向かい側の扉内はお風呂。

マンションのお風呂みたいに洗い場付き、風呂椅子も完備です。

「へ〜、色々工夫してるねー♪」と最初は思いましたが、夜になって、ぱーは最大の欠点に気付いてしまいました。

この部屋には、お風呂に入る時の「脱衣スペース」がないんですd( ̄  ̄)

例えば、SHIBUYA HOTEL ENの場合はトイレが脱衣スペースも兼ねていました。その時は『トイレで着替えるのって、なんだかなぁ、、』と思いましたが、今から思えば脱衣スペースがないよりいいです。

バストイレの説明に気を取られていましたが、洗面台横のデスクの下に、

ポットや茶器、サービス飲料が入ってます。粉茶の他にドリップコーヒーもありました。

空の冷蔵庫。

窓の外は隣のビルとマンション。

改めて他の人の口コミを見てみると、一人旅の方は、この “バストイレ独立型”を喜んでいるようです。確かに、出張で泊まって夜のんびりお風呂に入れたら最高ですよね。

でも、ツインルームの場合はどうでしょう?どこで風呂上がりに身体を拭いたり、着替えればいいのやら??

それから “デスクの横に洗面台” の配置でも意見が分かれました。

ぴー「洗面台が部屋にあると、ドアを開けなくてもいいから便利」
ぱー「ベッドから見える位置に洗面台があると病室みたい」

これって男女の感じ方の違いですかね!?

 

館内

館内探検もしてきましたのでご紹介します。

エスペリアルホテル長崎のエレベーターは、まず乗る前にカードキーをかざさないとエレベーターが始動しません。でも2F〜12F客室の場合は、エレベーター内に入れば階数ボタンが押せます。

13、14Fのグラウンドフロア客室の人は、さらにここにカードキーをタッチしないと階数指定ができないようです。

『グランドフロアって、どんなんだろう?』と思い公式サイトを確認してみたら、部屋の広さや仕様は普通階の部屋と全く一緒みたいですね。

“ワンランク上のホテルステイが楽しめる“ザ・グランドフロア”もご用意しております” 公式サイトには書かれていますが、上層階くらいの違いしかないのでは!? またはセキュリティ対策がワンランク上とか!?

2Fには電子レンジと、

コインランドリーがありました。

洗濯乾燥機で、選ぶコースに寄って金額は変わります。

5Fにはアルコールの自販機がありました。ビールは500ml/350円、350ml/280円。自販機の配置やソフトドリンクの販売場所等、詳しいことは公式サイトをどうぞ。

ぴーぱーは利用しませんでしたが朝食ブッフェも美味しそうです。

会場は1Fロビー横のcafe tsuru。

長崎のご当地メニューもあるそうです。

 

泊まった感想

関東地方ではあまり見かけないエスペリアホテル。じゃらんで調べてみると、他には博多と京都にありました。そしてどこも “バス・トイレ・洗面台の3点独立” がウリみたいです。

施設は新しくてキレイです。スタッフも概ね親切。値段もそう高くはないので、気に入った人はリピーターになるかも♪

ぴーぱー的には、一人で出張の時に泊まりたいホテルですね。お世話になりました。



Translate »