ホテルトパーズ大在駅前(黄玉の湯)

ホテルトパーズ大在駅前(黄玉の湯)

2019年12月訪問

今回ご紹介するのは、ホテルトパーズ大在駅前です。

「温泉県」として有名な大分県は、別府や湯布院だけでなく大分市内にも温泉が点在しているんですね。ホテルトパーズ大在駅前は大分市の中心部からはやや離れていますが、なんと掛け流し温泉付き♪

駅近ですが、駐車場無料なので車旅の旅行者にも便利なホテルです。

というわけで、到着したホテルトパーズ大在駅前。想像していたよりこじんまりしたホテルです。

到着した時、駐車場はほぼ満車でした(写真は翌朝)。立ち寄り入浴客が多いようです。また一台の区画が狭く、やや停めにくいのも難点。ホテル前の第一駐車場が満車の場合は、少し離れた第二駐車場を利用することになるそうです。

ちょうど一台空いたスペースに車を停められてラッキー♪ 荷物を持って中に入ります。

シンプルなフロント。

左奥には居酒屋あり。ここは翌朝の朝食会場にもなります。

右手には自由に使えるパソコン、その奥が大浴場です。

フロントでチェックイン手続きを済ませ、部屋に向かいました。

 

お部屋

お部屋は6Fでした。

今回楽天トラベルから予約したのは

プラン名:ビジネスマンに好評◆バイキング朝食付きプラン
部屋タイプ:禁煙ツインルーム
平日泊:1人 / 6,950円(諸税込)

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

色々なサイトを見比べた結果、楽天トラベルのこのプランが最安値でした。平日泊ですが、年末だったので通常の休前日泊より少し割高になったのは仕方ありません。

15.15㎡のツインルームは、ビジネスホテルらしく非常にシンプル。

シングルサイズのベッドは小さくて、ちょっと寝にくかったです。

冷蔵庫は十分な大きさ。

サービス飲料は緑茶のティーバッグのみ。

窓の外には住宅街が広がります。

入口の方に戻って、

入口の横にクローゼットスペース。

棚の上に消臭剤あり。

ユニットバスルーム。

大浴場があるので問題ありませんが、バスタブはやや小さめ。

大浴場へは部屋のタオルをお持ちください。

新しくてキレイな部屋ですが、入口付近(UB付近)を通るたびにフワッと変な臭いがするのが気になります。ぴーぱー共に感じました。Wifiはサクサクで問題ありません。

写真を撮り忘れましたが、備え付けのナイトウェアは薄い生地のロング1枚もの。部屋にはこの薄いロングウェアしかありません。大浴場へは、これで行って良いのでしょうか!?

ちょっと悩みましたが ”さすがにコレで部屋の外に出るのはいかがなものか(・ω・;)” と思い、遠慮しときました。でも、それ1枚で来てる人もいましたけどね。見かけると、やっぱりちょっとギョッとしました、、。

 

100%源泉掛け流し温泉「黄玉の湯」

館内を見学しながらお風呂に行ってみましょう。

まずは2Fをチェック。

ズボンプレッサーは6Fのエレベーター横にもありました。

自販機コーナーです。

自販機はソフトドリンクのみ。

同じスペースに製氷機と電子レンジもあります。

その奥にランドリーコーナー。

洗濯機と乾燥機の一体型です。

1Fに降りてきました。エレベーターの目の前が大浴場の入口です。

なので、”ナイトウェアで来ても問題ない” と言えば確かにそうです。でも、もう少し出歩きやすいウェアを置いてくれても良いのでは!? と思ってしまう、ぱーです。

立ち寄り湯の場合は、自販機でチケットを購入するようです。

まずは女湯からご紹介しましょう。

ドアを開けると、さらに暖簾あり。

その奥にこじんまりした脱衣所がありました。

バスマットがたくさん敷いてあるのは嬉しいですね。普通は出入り口だけじゃないですか?ただ、せっかくの鍵付きロッカーなのに、壊れていて使えないところが多かったのが残念です。

洗面台に化粧品はなし。

冷水機はあり。

成分表を見てみましょう。

源泉名は黄玉の湯。源泉温度47.7℃、PH6.9のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。先日泊まったANA ホリデイ・イン・リゾート宮崎と同じ泉質です。

衛生管理のため消毒剤は入ってますが、加水加温なしの掛け流しです。

夜は立ち寄り客で混んでたお風呂。のんびり入るなら朝が狙い目です。

手前の浴槽は水風呂です。

女湯はミストサウナあり。

かけ湯も掛け流しだと思いますが、ちょっとぬるかったです。

オーバーフローしてる浴槽。

茶濁のお湯はややトロミがあり、ちょっと塩っぱいです。

ANA ホリデイ・イン・リゾート宮崎のお湯をもう少し濃くした感じかなぁ、という印象。

朝は整頓されてる洗い場。

このシャンプー、九州エリアでよく見かける気がします。

続いて男湯です。

明るい脱衣所。

女湯より広々して見えます。

こちらにも同じ成分表が掲示されていました。

女湯とは少し雰囲気の違う浴室。

こちらもサウナと水風呂あり。

奥に温泉浴槽。基本的な造りは女湯と一緒ですね。

シャンプーも同じです。

 

朝食

朝食は、ホテル併設の居酒屋ダイニング「Amabe(あまべ)」でバイキングです。

素泊まりプランとの値段差は800円(税込)。“ビジネスホテルとは思えないこだわりの料理” 公式サイトに書かれていたので楽しみにしていました。

手前で靴を脱いであがります。

席は自由席。さて、何を食べようかな♪

大分の食材を愛情をこめて調理した色とりどりのメニュー  ←楽天トラベルより

漁師さんのまかない料理がもとになった郷土料理  あつめし で気分上昇!

どれが “あつめし” なのかわかりません、、、。

大分ならではのごはんで美味しい朝を。

どこでも見かけるメニューが多いような、、、。

“とり飯” は大分名物かな!?

味噌汁はマシーンです。

ホテルの朝食といえば美味しいパン!そんなあなたも納得の食パンです。

食パンはありませんでした、、、。

フルーツと、

ドリンク。

大分らしい物を一生懸命さがしましたが、あまり見当たらず、、、。

こちらは最初から探すのを諦めたプレート。

楽天トラベルに書かれていたカレーはありました。

コーヒーとヨーグルトで、ごちそうさま。

会場には大きなテレビが大音量でついていたため、テレビ周辺の席には誰も近寄らず。

楽しみにしていたほど “大分名物” はありませんでしたが、800円なら納得の品揃えです。多くを期待しなければ、コスパ的には満足できる朝ごはんだと思います。

泊まった感想

大分市中心部でも温泉付きホテルは幾つかありますが、掛け流し温泉は少ないです。今回は車旅だったので “掛け流し” を求めて少し離れた場所までやってきました。

結果として、お風呂に入って寝るだけなら悪くないホテルです。欲を言えば、部屋にもう少し寛げるスペースがあれば尚良いですが、ビジネスホテルですから贅沢は言えません。

残念なのは、やはりルームウェア。せっかく大浴場があるのですから、もう少しお風呂に着て行きやすいモノを置いてくれた方が親切かなぁと思います。

いずれにしても、仕事で泊まる分には十分満足できると思います。大分市東部エリアで宿をお探しの方、ホテルトパーズ大在駅前を検索してみてはいかが!?



Translate »