ゆけむり山荘(由布院温泉)

ゆけむり山荘(由布院温泉)

2020年1月訪問

大分県の由布院温泉に行くことになりました。湯布院といえば言わずと知れた有名観光地ですが、”ゆふいん” の漢字表記には “湯布院” と “由布院” の2つあるってご存知でしたか!?

調べてみたら、”湯布院” は由布院町と湯平町が合併して生まれた地名だそうです。その後さらに合併し、由布市というのも生まれたそうですよ。

どちらが正しいのか?はよくわかりません。でも、どちらも間違いではないみたいです。色々調べた結果、ぱー的には温泉を指す場合には “由布院”、観光地として指す場合には “湯布院” という結論に至りました。違いますかね!?

実際、今回ご紹介するゆけむり山荘の公式サイトにも、両方の表記が混在しているんです。例えば、トップページには 湯布院の朝霧が見える、由布岳山麓の隠れ宿 と書いてありますが、温泉案内には開放的な露天風呂で「由布院温泉」を贅沢にご堪能ください と書かれています。ちょっとややこしいですね。

さて、有名観光地の湯布院です。とにかく宿の数が多く、どこに泊まろうか随分悩みました。その中から今回は、掛け流しでお値段手頃で素泊まりができて・・・等の条件が当てはまり、比較的口コミ評価の高かったゆけむり山荘を予約しました。

ゆけむり山荘は、急坂を登った高台にあります。また道中は、道が細いわりに車の通りが多いです。周辺に宿が多いせいだと思います。箱根並みに宿だらけです。

電車やバスで到着した方は、駅への送迎もあるそうです。詳しくは公式サイトをどうぞ。

急坂を登り切って、ようやく到着したゆけむり山荘。建物前に駐車場がありました。

荷物を持って、中に入ります。

中に入ると吹き抜けのあるロビー。左側のイス席は、翌朝の朝食会場になるようです。

何気なく窓の外を見たら、ゆけむり!!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

朝は朝食会場になりますが、それ以外の時間はフリースペース。夜、ここでお弁当を食べているご家族もいらっしゃいました。

ここには電子レンジの他に、水、コーヒーのフリードリンクもあります。

こじんまりしたフロントでチェックイン手続き。対応してくれたのは2人の若い女性でした。

この宿を選んだ理由の一つが “スタッフが非常に親切” という口コミが多かったこと。なので、もう少し年長の方(せめて30~40代くらい)がいるのかと勝手に想像していましたが、とっても若い女子でびっくり。

一人がチェックイン手続きをしてくれてる間に、もう一人は荷物を部屋まで運んでくれました。彼女達が送迎サービスもしているようです。

部屋に行く前に、こちらで自分サイズの浴衣を選びます。

その後、部屋まで案内してくれました。

 

お部屋

お部屋は階段を上った2Fでした。

今回【Booking.com】から予約したのは

スタンダード和室(マウンテンビュー・素泊まり):平日泊 1部屋 / 13,860円(入湯税別)

客室サイズ:18 m²
バルコニー、電気ポット、エアコンが備わる4人部屋です。

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

じゃらんの部屋タイプで言うと 【湯布院の街を見下ろせる】眺めの良い和室10畳・2F です。じゃらんも【Booking.com】も同じ料金でしたが、【Booking.com】だとGenius割で10%offになったので【Booking.com】から予約しました。

特にリクエストもしなかったし記載もありませんでしたが、既にお布団が敷いてありました。

それでも10畳あるので、居住スペースに問題はありません。

お茶菓子がなかったのは、ちょっと残念、、。

変わった敷き方のお布団ですが、清潔で快適で安眠できました。

広縁にはイスとテーブル。

カーテンを開けたら、ここにもゆけむり!!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

夜は湯布院の街の夜景も見えました。

冷蔵庫は2ドア。

グラスはプラスチック製。

この大きさなら連泊も可能ですね。

反対奥のクローゼット内は空でした。

室内のクローゼットの中に浴衣やタオル類。

色違いの靴下に、色違いの袋が置いてあります。

開けてみたら色々なグッズが入ってました♪

入口の方に戻って、洗面台。

洗面台には歯ブラシの他に、

クレンジグや洗顔料も置いてあります。

洗面台の向かい側にトイレ。洗面台周辺と広縁には自動感知型のライトが付いているので、夜、暗い中で起きた時とかに便利でした。

禁煙室の設定はありませんが、消臭対応をリクエストしたらOKの返事を頂き、全くタバコの臭いはしませんでした。Wifiはサクサクで問題ありません。

 

大浴場

館内を見学しながら大浴場に行ってみましょう。

フロント横の階段を上るとこの廊下。廊下を突き当たりまで進んだところにも階段があり、その階段を降りても大浴場に行けます。

ロビーでお水とか飲みたい時は、この階段を利用するといいでしょう。

入り口横には自販機もあります。

アルコールの値段と品揃えはこんな感じ。

大浴場の入り口です。

公式サイトには “24時間入浴可能” と書かれていますが、実際には下記の通りだそうです。

そして残念ながら、撮影禁止でした。

脱衣所もお風呂場もそれほど広くはありませんが、平日だったこともあり、混み合うことはありませんでした。内湯に浴槽が一つと、内湯から続く露天風呂があります。

脱衣所の洗面台には、部屋に置いてあるものと同じクレンジングと洗顔料があります。お風呂の洗い場は炭シャンプーでした。

分析表によると、源泉名は重見温泉組合。源泉温度92.3℃のナトリウム-塩化物泉です。PH値や加水等の詳しい情報は書かれていませんでしたが、公式サイト及びじゃらんには掛け流しと書かれています。

チェックイン直後に入浴した時(16:00頃)は、源泉はポタポタ程度しか投入されておらず、露天はぬるいくらいでした。源泉温度が高いので『投湯量で温度調節しているのかなぁ』と思いましたが、18:00頃に再びお風呂に行ったら今度はジャバジャバとお湯が出ていてオーバーフロー!露天も入れる温度になっていました。

翌朝は、9時過ぎたらまたポタポタに戻っていました。

肝心のお湯ですが、無色透明でニオイもほとんどありません。塩素が入ってるかどうか不明ですが、塩素臭はほぼ感じませんでした。

源泉温度の高い塩化物泉なので、しんきや旅館で入った別府の鉄輪温泉のお湯に似ている気がします。ただ、しんきや旅館は加水はしていないそうですが、ゆけむり山荘は加水してると思うので(多分)、その分もったり感は少ないかも。

露天風呂は、それほどの開放感は感じませんでしたが、天気が良ければそれなりに楽しめると思います。ぱーが入った時は、アジア系外国人女子がはしゃいで入ってました。

 

泊まった感想

とにかく宿の選択肢が多い由布院温泉です。高級宿からオシャレ系まで、好みに合わせて宿を選べると思います。

ゆけむり山荘は、湯布院の宿としては地味かもしれません。おそらく以前は企業の保養所だったのだろうと思われる施設で、キラキラ感はありません。でも、ぴーぱーが求める条件はほぼ揃っていたので満足です。

由布院温泉を訪れるのは2回目ですが、以前泊まった宿はまたエリアが違ったようで、周囲でこんなに力強い “ゆけむり” は見られませんでした。だから今回これを見て「由布院温泉って、こんなにパワーのある温泉だったんだ!!」とびっくりしました。

2食付きにすると、夕食は系列のイタリアンレストランで送迎付きでディナーコースを食べられるようです。温泉宿に泊まりたいけど和食はイヤ、という人には良いかも♪

由布院温泉で宿をお探しの方、ゆけむり山荘はいかがですか?部屋から、周囲に立ち上るゆけむりが見られますよ。



Translate »