Banff Voyager Inn (Banff):カナダ5日目

Banff Voyager Inn (Banff):カナダ5日目

2018年7月訪問

今日は再び国立公園内に戻り、2つのトレイルを歩く予定です。(4日目の様子はこちら→Rondo Motel

まず向かったのは、ヨーホー国立公園内にあるエメラルド湖。一周5kmほどの湖です。

 

番外編:Emerald Lake (エメラルド湖)

駐車場は、大型バスも停まっていて賑やかでした。

1時間ほどのお散歩なのでリュックは背負わずに出発。天気があまり良くないのが残念です。

湖一周コースの割には眺望がなく、木々の中を歩く道が続きます。

コースの半分くらいのところで目の前が開け、ベンチ発見!

ちょうど先客が出発したところだったので、ぴーぱーも休憩。

うーん、、、天気が良くないせいか景色もイマイチ冴えません。

先に進みますか。

再び木々の中を歩きます。

たまにこんな風景も見えたりして♪

スタート地点の辺りに戻ってきました。駐車場近くの湖畔には、ボート乗り場や宿泊施設があります。

Google マップによると、ここはEmerald lake lodge。

部屋によるかもしれませんが、それほど眺めが良さそうでもありませんでした(失礼)。

エメラルド湖はサクッと切り上げて、先に進むことにします。

次の目的地はレイク・ルイーズ 。このエリアを代表する観光地だそうです(全然知らなかったけど)。レイク・ルイーズ周辺にもトレッキングコースがいくつかあるようなので、その中の1つを歩く予定。

天気が心配ですが、とりあえず出発!!

 

番外編:Lake Luise (レイク・ルイーズ)

ところで、朝から気になっていることがありました。すでに国立公園内に入っていますが、まだ今日のパークパスを購入していないんです。先日のような検問所もありません。

まあレイク・ルイーズは人気観光地だから、その近くに行けば、また検問所があるだろうということで先に進みます。

するとレイク・ルイーズの駐車場入口で、その検問はありました。フロントガラスにパークパスを貼っている車と貼っていない車を振り分けているんです。

貼っていない車の列に並ばされたぴーぱーは、今日と明日の2日分購入するつもりでいましたが、明日の〜16:00までの1日分でOKでした。14:00近くの到着です。ここもクレジットカードで購入可能、先日同様1人/CAD9.80でした。

天気が悪いのに駐車場は混んでました。ぴーぱーも歩くかどうか悩みましたが、とりあえず傘を持ってスタートです。

案の定、雨降ってきました、、、。ぴーぱーは傘をさしましたが、外国人は濡れたまま歩いてます。そして皆さん軽装、サンダル履きの人も多いです。

ぴーぱーは途中でリタイヤ、、、、。

ほぼ同ペースで歩いていた家族連れは、ビニールカッパを着込んで進んで行きます。引き返すぴーぱーを見て『え!なんで!?』みたいな顔されたのが印象的。

こっちのセリフですd( ̄  ̄) よくその格好で、歩き続けられますね、、、。

雨のレイク・ルイーズ。この写真を見て『行くのやめよう』とか思わないでください。晴れていれば素晴らしい景色が望めるハズ。

後ろに見えるのが湖畔の高級リゾートホテル Fairmont Château Lake Louise。Booking.comによると、レイクビュールームは8万超えです!!

建物前で写真を撮ってる方が大勢いらっしゃいましたが、恥ずかしいので離れた場所でパチリ。

1時間ほどの滞在でレイク・ルイーズを出発。今日の最終目的地、バンフへ向かいました。

 

Banff Voyager Inn

チェックイン可能時間の16:00に到着。バンフの空も曇ってます。

最初はよくわからなくて玄関前に車を停めました。でもここは、短時間の停車のみOKだそうです。

なので隣(といっても敷地内)の駐車場に移動させました。

駐車場から直接ホテル内に入れるので、雨の日や雪の日は便利です。

後で気付きましたが、反対側にも駐車場がありました。玄関を挟んで左右両側に駐車場があります。

改めて建物内に入ります。

レセプションには日本人スタッフもいました。お客さんも日本人いました。カナダに来て初めて日本人に会ったかもしれません。

お部屋

お部屋は1Fでした。

“眺めの良い部屋” をリクエストしておいたのに、1Fでちょっと不満、、。でも到着してから知った事ですが、このホテルはエレベーターがないんです!なので1Fで良かったかもしれません。

今回 Booking.com で予約したのは
スタンダードクイーンルーム(37 m²)クイーンベッド2台付:1泊 / CAD259 + 税11.18%
ケーブルテレビ、コーヒーメーカー、デスク、バルコニー、専用バスルーム(シャワー、バスタブ付)が備わる客室です。

日本円で25,000円位。ジャスパーのWhistlers Innとほぼ同じ金額です。

今日も大きなベッドを1人1台ずつ使います。

Whistlers Innもそうでしたがイスとテーブルがあるのは嬉しいですね♪

隣がバスの駐車場なのか(?)、バスの発着音がうるさかったのが難点、、。

バスの音だけじゃなく、廊下や隣の声が結構聞こえるので壁が薄いのかもしれません。

ぴーぱーが予約した時は、Booking.comの客室設備に冷蔵庫は書いてありませんでした。でも他の予約サイトには書いてあるんです。

なので試しに “冷蔵庫のある部屋希望” とリクエストしたら “当ホテルは全ての部屋に冷蔵庫、電子レンジ、コーヒーメーカーを設置しております” という返事をもらいました。

そして、ちゃんとありました。(今はBooking.comの情報にも掲載されてます)

フリーザーはないけど仕方ありません。

入口の方に戻って、

クローゼットスペースに扇風機あり。客室設備をよく見ると、クーラーはないみたいです。

クローゼットスペースの向かい側にコーヒーメーカー。

そういえばWhistlers Innもそうでしたが、コーヒーメーカーはあるけど湯沸しポットはありません。公式サイトを見たら Kettles on request と書いてあります。

カナダの人はコーヒー以外飲まないんでしょうか!?

トイレとお風呂。

シャレたアメニティ。

お風呂もちゃんとしたバスタブです。

ちょっと周囲の音が響く以外は、問題ない部屋です。”周囲の音が響く” と言っても、Whistlers Innのパブから聞こえてくる音楽と喋り声に比べたら、可愛いものですけどねd( ̄  ̄)

Wifiは夕方繋がりにくかったですが、その後問題なく使えるようになりました。

スーパーに買い物に行く前に、少し館内を探検したのでご紹介します。

Booking.comの説明文や公式サイトにも書かれていますが、ホテル内にリカーショップがあってアルコールが買えます。このショップは宿泊者以外も利用できると思います。

ぴーぱーはまだストックがあったので、ここでは購入しませんでした。

B1Fには、

ホットタブがありました。スキー客には嬉しい施設かもしれませんね。

スーパーに買い出しに行くことにしました。

Banff Voyager Innは町の中心からはちょっと離れたところこあるので、周辺にお店はありません。

町の中心までは20分くらい歩きます。外食する場合はちょっと不便かもしれません。

朝食

Banff Voyager Innはコンチネンタルブレックファースト付き。カナダに来て初めての朝食付きです♪

会場に行くと、スタッフが席を指定します。勝手に座ろうとしたら怒られました、、。

さて何を食べようかな♪

ベイクドポテトにゆで卵。

ソーセージとポリッジ(?)。

パン数種類に、

シリアル類。

ドリンク類。

一通り取ってきてこんな感じ。野菜はないけど温かいものがあるのは嬉しいですね♪

賑わってた店内。

日本人の姿もちらほら見えました。

泊まった感想

可もなく不可もないホテルでした。スタッフもお客さんも日本人がいるので、すごく観光地っぽい感じがします。

大変だったジャスパー〜バンフの宿探し中に、実はバンフでもう少し安いホテルを見つけたことがあったんです。でも「エレベーターがなく、4Fの部屋だったからすごく大変だった」という口コミを見て躊躇してしまった、ぱー。

『安い!でも、もし4Fの部屋になったらどうしよう、、、』と1日悩んでるうちに、そのホテルの空室は消えました。細かいことは気にしないチャレンジャーがいたようですd( ̄  ̄)

でもまさか、ここBanff Voyager Innにもエレベーターがなかったとは!(ここは2F建てですが)

さて、カナダドライブ旅行も折り返し地点です。明日は国立公園を出てレイディアム・ホット・スプリングスに向かいます。温泉情報ありますよ♪


Translate »