車泊テーブル その名は??

車泊テーブル その名は??

車泊の旅は、屋外の食事が基本です。そのためにはテーブルが必要です。
毎日、朝夕最低2回は使う物なので気に入った物を選びたいところ。
ネットやアウトドアショップで探すと、いろいろなテーブルが見つかりますが、世はまさにグランピングばやり。豪華なキャンプ道具が目白押しです。

しかし、ぴーぱーの旅の相棒になってもらうには、軽いこと、分解・組み立てが簡単なこと、分解したらコンパクトになること、そして安いこと(コレが一番大切!)が条件です。そうなるとなかなかぴったりのものが無いんですよね。(と言うか、どれも全然あてはまらない)

そこで「やっぱり作ってみるか?」と言うことになりました。
材料は9mm厚のラワンベニアをホームセンターで買いました。他に蝶番6つ、キャッチ金具2個。S金具2個。ニスとハケ。合計約三千円と言ったところ。“安い”の条件には一応合格としましょう。

図面を引いて、ノコで切って、やすりで磨いて、組み立てて、ニスを塗ってできあがり。(書けば簡単ですが、実際には3日はかかったかな?けっこう大変でした)
早速ご覧頂きましょう。

分解した状態。表側。
天板は70×53cm。かわいいサイズです。車泊の食事で使う、カセットコンロ、皿、コップ等を並べてみたらこのサイズになりました。

裏側。
脚板、固定板がひとまとめになっています。“分解したらコンパクト”も合格!

それでは組み立ててみましょう。
まず真ん中のヒモのS金具を外します。(あ、ヒモは家にあった使っていない靴紐。だからタダ)

脚を開いて。

固定板をはめます。矢印の4カ所を位置合わせして、、、。

グイッと押し込めば組み立て完了。ここまで15秒くらいかな?
力もコツも道具も不要。
“分解・組み立てが簡単なこと”も合格。

キャッチ金具がキッチリはまっています。昔、家のタンスの扉に同じ金具が使われていたのを思い出します。「レトロだな〜」ぱーの不満そうな声が横から聞こえてきましたが、無視、、、。

ひっくり返してこのとおり。

実際に使うときは、こんな感じになります。

ちなみに重さは3.5kg。合格!!

ぴーとしてはこの力作に大満足。カワイイし、早くも愛着を感じていたら、
ぱーが一言

「ダンボールみたい。名前は “あつがみ” に決定だな」

な、な、なんちゅうこと言うのでしょうか?

でも “あつがみ”よ、めげるな。
世界に出れば、きっとぱーも君の素晴らしさを認めてくれるハズ。それまでガンバるのだよ、、。

でも確かに少々きゃしゃな感じは否めません。軽さ第一で作ったからしょうがないんです。認めてもらえる前に壊れなければいいんですが、、、。

 

《おまけ 作り方Tips》

このように複雑な形をした物を切り出すときぱーは、

パソコンで図面を引いたら(アプリはAdobeイラストレータ)、それを実物大にプリントアウトして、板に貼り付けます。(会社の大判プリンタをこっそり使ってます。ナイショ!)

そして線に沿ってノコで切り出して、

ハイできあがり。なかなか便利なやり方です。ご参考までに。

Translate »