ホテルフラッグス諫早(旧 諫早観光ホテル 道具屋)

ホテルフラッグス諫早(旧 諫早観光ホテル 道具屋)

2019年3月訪問

1人で出張中のぴーです。ホテルシーサイド島原の翌日は、同じ長崎県の諫早に宿泊しました。

諫早には諫早駅周辺にビジネスホテルがいくつかありますが、どれも小さくて仕事後の疲れた時にはもう少しいいホテルに泊まりたいと思いました。

そこでぴーが選んだのは、諫早観光ホテル 道具屋です。

金物屋やホームセンターの名前ではありません、ホテルの名前です。諫早では老舗ホテルの1つ。公式サイトによれば歴史のある名前のようです。

チェックインしたのは夜の11時頃だったでしょうか?だから建物外観の写真はありません。外観を見たい方は、やっぱり公式サイトをどうぞ。

入口とレセプション。想像していたよりはこぢんまりしていました。(写真は翌朝)

 

お部屋

部屋は333号室でした。

今回じゃらんから予約したのは

プラン名:【朝食付き】1日のスタートは朝食から!和食または洋食の『選べる』朝ごはん♪
部屋タイプ:シングルルーム【wi-fi利用可】
平日泊:1人 / 7,020円

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

老舗ホテルなのにとてもリーズナブルな値段です。

しかもツインのシングルユースです。この広さで7,020円ならコスパ高いです。

2人掛けのテーブルセット。今回はぴー1人なので出番無しですが。

デスク周辺。

サービス飲料は緑茶ティーパックのみ。

空の冷蔵庫。

入口の方へ戻ると、

奥行きは浅いですが、クローゼット。

反対側に洗面所。

アメニティ類も派手さはありません。少々残念。

タオルも少々安っぽい。

バスタブは多少大きめ。

地味なバスルームですが、でも値段を考えたら文句ありません。

部屋着は一枚物のガウン。

ご参考までにサービスのご案内。

翌朝。窓から朝日が見えました。手前はホテルの建物。

 

朝食

朝食は1Fレストランで定食です。チェックイン時に和食か洋食かを選べます。

ぴーは和定食にしました。

館内を探検しながら1Fへ向かいます。

自動販売機コーナー。

アルコール類の品揃えは合格。お値段は普通かな?

レストランに着きました。

一瞬、ブッフェかな?と思い心が躍ったのですが、これはランチブッフェ、ディナーブッフェのための什器。

ドリンクだけセルフでした。

テーブルの上には、あらかじめ和定食が置かれてありました。え、これだけ?と思ったのですが、

重箱を広げ、ご飯とお味噌汁、サラダを頂くと、なかなか豪華な感じになりました。ご飯はおかわり可能です。

 

泊まった感想

深夜到着で早朝チェックアウトだったため、あまり詳しくレポートできませんでしたが、好印象のホテルです。

最初にも書きましたが、諫早駅周辺には他にもホテルはありますが、どれも小さくてぱっとしません。それならば値段もほぼ一緒の道具屋に泊まった方が満足度は高いでしょう。(ただし駅からタクシーで1~2メーターかかります)

諫早にまた泊まることになったら、ぴーとしては再訪ありですね。

※このブログに書かれているのは、諫早観光ホテル 道具屋に宿泊した時の様子です。



Translate »