Whistlers Inn (Jasper):カナダ3日目

Whistlers Inn (Jasper):カナダ3日目

2018年7月訪問

今日はいよいよ有名観光地のジャスパーに向かいます。(2日目の様子はこちら→Blue River Motel

がその前に、今日はカナダで初めてのトレッキングです♪ Google マップでブルーリバーからジャスパー国立公園に向かう道を調べていたら、少し手前にマウント・ロブソン州立公園というのを発見しました。

調べてみると、マウント・ロブソンはカナディアンロッキー最高峰の山だそうです。もちろんぴーぱーには登るのは無理ですが、その麓にあるのがマウント・ロブソン州立公園で、公園内には気軽なトレッキングコースもあるようです。

というわけで、まずはマウント・ロブソン州立公園を目指しました。

 

番外編:Mount Robson Provincial Park(マウント・ロブソン州立公園)

今日は真面目に走ったので、Google マップとほぼ同じ1時間半で到着。分かりづらいかもしれませんが、写真右側に公園入口の看板が立ってます。

まずはビジターセンターに行ってみます。正面に見える山がマウント・ロブソン。頂上付近は雲に覆われていました。

これはビジターセンターの中に掲示されていたマウント・ロブソンの全景です。

カナダについて調べ始めてから知ったことですが、カナダの国立公園は入園料がかかるそうですね。日本ではあまり馴染みのない国立公園の入園料ですが、そう言えばアメリカの国立公園でも入園料を払いました。

では、州立公園はどうなんだろう?州立公園も入園料が必要なんでしょうか??

随分調べてみましたが、分かりません。「必要」とは書かれていませんが「不要」と書かれているサイトも見当たりません。

よくわからなかったので、ビジターセンターのカウンターで恐る恐る「あの〜、公園内のトレッキングコースを歩きたいんですけど〜」と言ってみると「もちろんどうぞ♪楽しんできてね」と言われました。

これってつまり「入園無料」ってことですよね?(・∀・)

というわけでビジターセンターの駐車場に車を停め、リュックを背負って歩き始めました。

歩くコースは往復4時間のKinney Lake(キニーレイク)コース。参考にしたのはこちらのサイトです。

まずは真っ直ぐに伸びる道路を歩きます。あまりハイキングっぽくない道です。

しばらく歩いていたら、たくさんの駐車車両が見えてきました。あれ!? (・ω・)

なんと奥にも駐車場がありました!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ ちゃんと参考サイトにも、その旨書かれていましたよ!! ←実はちゃんと読んでいない

ではロブソン川を渡ってスタート。

流れの速いロブソン川。ちょっと怖いです、、、。

歩き始めはあまり天気が良くありませんでした。でもトレイルは良く整備されているので、雨でも危険は感じません。

水洗ではありませんが、トイレもあるので安心です。

湖が近づいてくると、

川の流れが穏やかになってきました。

いよいよキニーレイクが見えてきました。雨も止んだので、もう少し先のキャンプ場を目指します。

キャンプ場に着きました。

この頃にはすっかり雨も上がり、青空が見えてきました。

湖畔でお弁当を食べる人達。

どんどん天気が回復してきました。

キャンプ場を基点にすれば、さらに奥まで続くトレイルもあるようですが、

ぴーぱーはここでお弁当を食べて折り返します。

この橋を渡るとまもなくキニーレイク。ぴーぱーは橋を渡って帰ります。

天気は回復したけど、流れの速い川の様子は一緒です。

ビジターセンターまでの道路を歩きながら振り返ったらマウント・ロブソンが見えました。

キャンプ場でお弁当を食べて、往復で5時間半ほどのトレッキングでした。

道はよく整備されているしほぼ高低差はありません。ぴーぱーが帰る頃、大きな荷物を背負ってキャンプ場に向かう何組かの若者グループとすれ違いました。彼らはキャンプ場に泊まって、明日はさらに奥まで歩くのでしょう。

日帰りトレッキングは無料ですがキャンプ場泊は有料のようです。詳しくはマウント・ロブソン州立公園の公式サイトをどうぞ。

ビジターセンターを覗いたりしていたら、すっかり出発が遅くなってしまいました。これからホテルまで、さらに1時間ほど走らなければなりません。

シャスパーに向けて走り出すと、国立公園の入口あたりに検問所のようなものが見えてきました。ここでパークパス(入園許可証)を購入するようです。

事前に調べた情報によるとジャスパー、バンフ、クートニー、ヨーホーの4つの国立公園は共通パスだそうです。ぴーぱーは今日から3日間の予定でこのエリアを周りますが、明日の夜は国立公園外のゴールデンという町に宿泊予定。なので、今日はとりあえず1日分のパスだけ買うつもりでした。

車を止めて窓を開けると、スタッフが話しかけてきました。
スタッフ「こんにちは。国立公園のパークパスをここで購入してね。何日滞在するの?」
ぴーぱー「1日です」
スタッフ「え!? 1日?ジャスパー国立公園に1日しかいないの!? 明日はどこに行くの!?」
ぴーぱー「ゴールデンです」
スタッフ「ふうん。じゃあ1人/CAD9.80ね。期限は明日の16:00までよ」
ぴーぱー「わかりました」
クレジットカードで支払いを済ませると、有効期限の入った入園許可証をくれるので、それをフロントガラスの内側に貼っておきます。入園料はアメリカのように車1台いくら、ではなく1人単位です。

無事にゲートを通過してジャスパーの町に到着。ここで時差が発生、+1時間です。さらに遅くなりました。

それでも7月のカナダは日が長いので、まだ明るくて助かります。

 

Whistlers Inn

今日泊まるのはWhistlers Inn。ジャスパー駅の目の前にある小綺麗な宿です。

1Fにはパブもあり賑わってました。

Booking.comの情報によると駐車場は “路上駐車” とのことですが、到着すると敷地内に駐車場がありました。

でも、混んでて止められません。

仕方なくフロントスタッフに聞きに行くと、ホテル周辺の道路は9:00〜17:00は2時間しか止められないけど、それ以外の時間は止めっぱなしにしてOKとのこと。

つまり、チェックイン可能時間の16:00からチェックアウト時間の11:00(9:00+2時間)までは路上駐車できる、ということのようです。

なので路上駐車。ちょっと嫌だけど、、、。

でも様子を伺っていたら敷地内のスペースが空いたので、そこに移動しました。これで安心です。

無事に車を停めて中へ入ります。こちらは駐車場からの入り口。

エレベーター前にカートが置いてあったので、それを利用。荷物を運ぶのはセルフサービスです。

フロントに日本人らしき人がいたので “その人が対応してくれるかな?” と思ったら、中国の方でした。カナダは中国人率が高いです。

1Fのパブの1ドリンクチケットを貰い、部屋へ向かいます。部屋のカードキーが素敵です。

 

お部屋

お部屋は2Fでした。

今回 Booking.com で予約したのは
1クイーンルーム クイーンベッド2台付:1泊 / CAD251.10+税11.12%+サービス料3%
客室サイズ 27 m²
無料Wi-Fi、ケーブルテレビ、デスク、コー​​ヒーメーカーが備わっています。

日本円で25,000円弱です。高い!!

ここから数日滞在するジャスパー〜バンフでの宿探しは、この旅最大の難関と言っても過言ではありませんでした。何しろ空いてるホテルがないんです!

ぴーぱーが宿を探したのは出発の約3週間前。その時にジャスパーで空いていた安宿は、ドミトリー部屋のホステルだけです。そもそもモーテルなんてありません。さすが国立公園内です。

さすがにドミはキツいでしょう、、、、、、(・ω・;)

残っていたのは、どこも同じような値段と設備のホテルが数軒だったので、その中で一番街中にあるWhistlers Innを選んだわけです。

“クイーンベッド1台” の部屋だともう少し安いのですが、空室なし。せっかくなので大きなベッドを1人ずつ使うことにします。

シーティングエリアがあるのは嬉しいですね♪

“眺めの良い部屋” をリクエストしておいたら、街の中心を見下せる部屋にしてくれました。

が、これが仇になり夜遅くまで眠れませんでした、、、。

テレビの下の扉の中に冷蔵庫。

中にはサービスのお水が入ってます。

コーヒーメーカーはありましたが、湯沸しポットはなし。もちろんコーヒーメーカー用のペーパーもなし。

クローゼットスペースは大きめ。

暖かみのある洗面台。

アメニティがちょっぴりリッチなのが嬉しいですね♪

お風呂も高級感があります。

部屋は綺麗で問題ありませんが、Wifiが遅すぎて使えませんd( ̄  ̄)

それから街を見下ろす眺めの良い部屋にしてくれたのは嬉しいですが、1Fにパブがあるせいか、夜遅くまでうるさくて寝られません。

ようやく静かになったのは2:30am頃でした、、、、。

さて、ぴーぱーもちょっと街の様子を見に行くことにしました。ついでに館内の様子をご紹介しましょう。

廊下からは駐車場が見下ろせます。うるさい街側の部屋じゃないと、この駐車場側の部屋になるようです。どちらが良いかは微妙ですね、、、。

窓から大きな虹が見えました。

Booking.comの説明文にも書かれていますが、Whistlers Innには屋上ホットタブがあるんです。

2Fの奥にありました。

窓から覗いてみると、水着姿の年配の男女が入ってる様子が見えました。

ぴーぱーは今回はパス。詳しくは公式サイトをどうぞ。

メインフロアに降りてきました。フロントの横に、

パブがあったので覗いてみました。写真は翌朝で静かですが、夜は大賑わいでした。

夕暮れのジャスパーの町を歩いてみました。

ホテルの目の前が駅。鉄道でやってきて、この町でレンタカーを借りる人も多いようです。

カナダでは貨物列車しか見ませんでした。

国立公園内なので、周囲は山です。

道路沿いのレストランは食事客で賑わっています。ぴーぱーも部屋に戻って夕食にしま〜す( ´_ゝ`)

翌朝は快晴。

遅くまで賑わっていた町も、朝は静かです。

今日は国立公園内のトレッキングコースを歩くので、早め(と言っても9時)に出発しました。

泊まった感想

可もなく不可もないホテルでした。駅の目の前なので、鉄道利用の方には便利な立地だと思います。また町の中心にあるので飲食店も多く、食事場所の選択肢も多いかも。

車利用で部屋食のぴーぱーには、どっちも必要ありませんでしたけどね (・∀・)

チェックアウトしたぴーぱー、まずはジャスパー国立公園内のトレッキングコースValley of the five lakes(バレー・オブ・ザ・ファイブ・レイクス)” を歩き、今夜は国立公園の外に泊まります。


Translate »