Ranchland Villa Motel (Merritt):カナダ1日目

Ranchland Villa Motel (Merritt):カナダ1日目

2018年7月訪問

急に決まった夏休み。どこに行こうか考えた結果、10日間の日程で初めてのカナダに行ってみることにしました。

で、カナダのどこに行く!?

山好きのぴーぱーですので “カナディアンロッキーに行ってみようか♪” ということになり、飛行機のチケットはエアカナダのバンクーバー往復を購入。

次に、レンタカーはヨルダンドライブ旅行でも利用したRentalcars.comを通してThriftyでインターミディエイトクラスを10日間予約。フル・プロテクションも付けて、10日間で92,998円。1日あたり9,299円でした。

途中いくつかの国立公園で短いトレッキング等を楽しむ以外は、ほぼ走りっぱなしの旅です。宿泊場所は、Googleマップで走行距離、所要時間を考えながらルート上に出てきた目ぼしい町のホテルをBooking.comで検索しました。

飛行機のチケットをとってから気づいた事ですが、7月のカナダはハイシーズン&夏休みの真っ最中。ホテルが物凄く高いんですね!!

以前クリスマス休暇シーズンのロサンゼルスで痛い目にあったのに、懲りずに同じ過ちをおかしてしまったぴーぱー(・∀・;) それでも、なんとか各地で最安値のモーテルを見つけて旅を楽しむことができました。

かなりマイナーなモーテルばかりの紹介ですが、「安さ優先」の方には参考になるかもしれません。

というわけで、バンクーバー空港を出発したぴーぱー。下記のようなルートで今日の宿泊地、メリットの町に到着。トータルの走行距離は300kmで、5時間近くかかりました。

ほぼ走行距離のみで決めたメリットへの宿泊。Booking.comで調べると、メリットには他にもスーパー8等のチェーン系モーテルが数軒ありました。そこそこ大きな町のようです。

さて、そんなメリットでぴーぱーが泊まるのはこちら、Ranchland Villa Motel。この日の地域最安値です。

目の前は材木置き場。メリットって、材木の町ですか!?

モーテルの良いところは部屋の目の前に車を停められること。これってかなり便利です♪

チェックイン手続きをするためにオフィスに入りました。

中に座っていたのはアジア人で、ぴーぱーを見て笑顔で「ニイハオ♪」と挨拶Σ( ̄。 ̄ノ)ノ 中国系の方のようです。

ちょっと驚きましたが、無事にチェックイン手続きと支払いを済ませ、部屋の鍵を受け取りました。

 

お部屋

お部屋はオフィスのすぐ横、1号室でした。

今回 Booking.com で予約したのは
デラックスクイーンルーム(28㎡)クイーンベッド2台付:1泊 / CAD85+税13%
Free Wi-Fi, a cable TV, and a seating area are provided in this room. A full kitchen is included. Free toiletries are offered.

日本円で8,000円弱でした。

2年前のアメリカドライブ旅行で泊まった、懐かしいモーテルの雰囲気そのままの部屋です。

部屋は古く、室内にややこもったようなニオイがしますが、不潔なわけではありません。

カナダのモーテルは、どこも窓の横にテーブルが置いてありました。

変わった形状のブラインド。

窓の横にエアコンがありましたが、つけるともの凄い音がして、うるさくて使えません。確かアメリカのモーテルは、暖房をつけると同じようにうるさかったことを思い出しました。

今回は、ほぼ全てのモーテルでフルキッチン付きの部屋を選びました。ここのキッチンは、DIYで作ったような手塗り感溢れる仕上がりです。

嬉しい2ドア冷蔵庫。冷凍室があると、クーラーボックス用の保冷剤が冷やせるので助かります。

一応、食器やカトラリー類もあります。

トースターとやかんもあり。

カップや食器はオーナーのお家のお下がり!? みたいな!?

コーヒーメーカーとコーヒーが置いてあるのは嬉しいんですが、コーヒーメーカー用のペーパーがないんです。これ、この後のモーテルもほぼありませんでした、、。

カナダの人は、ペーパー持参なんですかね!?

最後に食器を洗わないと、追加料金取られます。ちなみに洗剤は置いてありません。これも持参ですね。

キッチンの横にバス、トイレ。

洗面台はシンプル。

タオルは各サイズ揃ってます。

シャワーはアメリカと同じく固定式。

浴槽は、広く浅く。

思いがけずシャンプーや石鹸があったので使ってみましたが、全く泡だたないシャプーでびっくり、、(・ω・;)

そしてなんと、奥にもう1部屋あるんです。

“クイーンベッド2台付き” と書いてありましたが、まさかもう1部屋あるとは思っていませんでした。

この部屋にはクローゼットも付いてます。

窓の横はオフィスの入り口。ある意味、安心です。

実はこの部屋タイプ、Ranchland Villa Motelの中では一番高いんです。

一番安い部屋だと20㎡でクイーンベッド1台とかありましたが、フルキッチン付きかどうかが微妙、、、。

Booking.comの部屋の写真にはフルキッチンが載っていますが、部屋の説明文に明確にA full kitchen is included.と書かれているのは、この部屋タイプだけでした。今回、フルキッチンはマストアイテムです。

ちょっと悩みましたが、、、、一番高いこの部屋タイプにしても地域最安値。それならデラックスクイーンにしよう、と思い予約したわけです。

思いがけず2部屋あったので、手前の部屋のベッドは物置きとして使い、奥の部屋を寝室として使いました。何しろ、ベッドは十分な大きさですからね。

ベッドカバーが面白かったので写真撮りました。さすが「ニイハオ♪」と挨拶するだけあって、中国推しのオーナーです。これ、どこで売ってるんだろう!?

少し周りを探検してみました。右側がぴーぱーの1号室。お隣りの2号室横の壁に書いてある文字が読めますか? なんと NO PARKING です。

理由はわかりませんが、ぴーぱー側の部屋沿いは駐車禁止でした。

仕方なく反対側の端っこに車を停めました。左端の白いセダンが、今回のぴーぱー車です。

オフィスの裏側に行ってみると、

ランドリールームがありました。

まるで家の中のランドリールームのようですが、

お客さん用、$3です。

荷物も片付けて一段落したので、スーパーに買い物に行くことにしました。

Google マップで近くのスーパーマーケットを検索してみると、近くにSAVE ON FOOD と Extra Foods があるようです。

両方とも(特にSAVE ON FOOD) はこの後も各地で利用しましたが、Extra Foodsの方が安かったように思います。

またカナダでは、アメリカのようにスーパーマーケットでアルコールを買うことができません。(最近は変わってきたようです)お酒はリカーショップでのみ販売されています。

近くにBC LIQUOR SHOPがあったので、ビールのまとめ買い。

そうそう、たくさんビールを飲む人は缶を取っておくと良いですよ。1本いくらだったか忘れましたが、ビールの缶にはデポジットが掛かっているんです。なので空き缶を酒屋に持っていくと引き取ってくれて、その場で現金でデポジット料を返金してくれます。そのことに気付いたぴーぱーは、大量の缶を捨てずに貯めておいて、酒屋に持っていきました。

さーて、ビールと食材を買ったので、部屋に戻ってご飯にしましょうかー♬と、夕飯の準備をしていると、

いきなり停電です!!ブレーカー落ちました、、、、、(・ω・;)

2人で「どーしたどーした!?」と慌てていると、どうやら隣りの部屋も落ちたようです。ぴーぱーよりも先にオフィスに押しかけ、中国人オーナーに詰め寄ってました!

しばらくして、、、、、復活。原因はわかりませんが直りました。

 

泊まった感想

この町唯一の個人経営モーテルだと思われるRanchland Villa Motel。初めてのカナダで、いきなり中国人オーナーに「ニイハオ」と言われて驚きましたが、夕方の停電以外は、問題なく1晩を過ごすことができました。

周りの部屋の様子を見ていると、隣りの部屋は白人の子連れ家族。向かいの部屋は若者グループで、朝早くからボートを車に積んで出かけて行きました。どうやら連泊しているようです。

周辺にどんな遊び場があるのかわかりませんが、皆さん夏休みを楽しむために宿泊しているように見えました。

翌朝は、部屋の鍵をオフィスのポストに返却して出発。

メリットの町もRanchland Villa Motelも、ロードトリップの通過点として立ち寄るには悪くない場所でしたよ。今日は300km先の、ブルーリバーまで走りまーす。

Ranchland Villa Motelの公式サイトは → こちら


Translate »