大観荘(二日市温泉)

大観荘(二日市温泉)

2017年12月訪問

福岡県で温泉を探していました。できるだけ博多に近くて、できれば掛け流し希望。

九州は温泉がたくさんあるイメージですが、福岡県の温泉てあまり聞いたことありませんよね?ガイドブックで調べてみても、温泉情報は載ってませんでした。

仕方がないのでじゃらんのエリア検索で探してみると、太宰府天満宮近くの筑紫野市に二日市温泉を発見。ぴーぱーは初めて聞いた名前ですが、1300年の歴史があるそうです。今回は大観荘を予約しました。

車で行く場合は、九州道の筑紫野ICから3分。この立派な外観は、九州道を走っていてもよく見えます。

ちなみに電車だと、特急を使えば最寄りの二日市駅からJRの博多駅まで10分くらいで行けるようです。

無料の駐車場はかなり広いです。

荷物を持ってロビーに向かいます。

チェックイン可能時間の15時ちょっと前に着いちゃったんですが、15時までロビーで待つように言われました。

ロビーにはお土産売り場や、

コーヒーラウンジがあります。

自販機はソフトドリンクのみでした。

 

お部屋

他にも数人の待ち客がいて、15時になると順番に名前を呼ばれて部屋に案内されました。部屋は2Fの1番奥です。

今回じゃらんから予約したのは

プラン名:【1泊朝食付】 ビジネスに観光に!お手軽・お気軽宿泊プラン「レイトチェックイン可能」
部屋タイプ:新館 和室タイプ バス・トイレ付き
休前日泊:1人 / 9,180円(入湯税別)

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

決して安い値段ではありませんが、この時はクリスマス前の連休中。連休中に朝食のみのプランがある温泉宿なんて他に見つかりません。しかも掛け流しです。そう考えたらこの値段は良心的♪

お部屋は8畳でした。新館は部屋でWifiも使えます。

家族風呂の半額券を頂きましたが、それでも45分/1,100円。

広縁もありますが、

2Fなだけに、向かいの家と目が合っちゃう感じ、、、。向かいの家もカーテン閉めてます。

右側に見えてる駐車場は、大観荘の第2駐車場です。

広縁奥のクローゼットの中に浴衣やタオル類が入ってます。湯足袋もありました。

広縁の反対奥には空の冷蔵庫。

必要な方は〜22:00までフロントに注文できるそうです。メニューはこちら。

ぴーぱーは気にしませんが、テレビはかなり小さいです。(金庫の上)

入口の方に戻ると、

明るい洗面台。ドライヤー、ヘアトニック、コップは鏡の中に入ってます。

ユニットバス用の小袋シャンプーも置いてあります。

トイレはユニットバスルーム内。

ユニットバスだけど、お風呂イスが置いてありました。

驚いたのは、この日館内で宴会が2つもあったこと。そのうちの1つはぴーぱーの部屋がある2Fの宴会場で行われるみたい。これはうるさそう、、、。

通常は2食付きプランもある大観荘ですが、この日は朝食のみプランの設定しかないので『おかしいな?』と思ったんですよ。でも理由がわかりました。宴会が入ってるから通常の宿泊客の対応ができなかったのでしょう。

それにしても、1番奥とはいえ宴会場と同じ階の部屋ってちょっとヒドイなぁ、、、。でも実際、恐れていた音漏れはほぼなかったです。ただ、宴会場の外のロビースペースが喫煙所になっていて、廊下に出るとタバコ臭かったのには参りました。

それから、暖房を最強にしてもなかなか部屋が温まらないのにも困りました。 たまたまぴーぱーの部屋だけでしょうか!?

 

地下大浴場

大観荘には2つの大浴場があります。

ぴーぱーの部屋からは新館3Fにある展望風呂の方が近いですが、宴会客が夕食前にこのお風呂に大挙して押し寄せましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

避難するために、地下の大浴場から行ってみることにしました。

地下の大浴場は本館にあります。

1Fで降りてロビーを横切り、案内に従って進んでいきます。ちょっと遠いです。

大きくて読みやすい分析書ですが、加水、加温の有無等「成分に影響を与える項目」の記載はありません。

九州の温泉てどこもそうなんですかね?ちなみに公式サイトには「加水、加温なし」と掲載されています。

廊下に水サーバー。

お風呂用のフェイスタオルも置いてあります。

まずは女湯からご紹介しましょう。地下大浴場の利用時間は下記の通りです。

やや古びた内装の脱衣所。

洗面台には、公式サイトでも紹介されているオリジナルの化粧品が置いてあります。

地下ですが明るいお風呂です。大きめの浴槽からは静かにお湯が溢れています。

お湯はちょっと塩っぱくて、ほんのり硫黄臭。トロミもあります。化粧品を作るくらいですから美肌系のお湯なのでしょう。

分析書によると2種類の源泉をブレンドしているようです。浴槽のお湯はややぬるめでした。

ソープ類はシンプル。

シャワーも蛇口のお湯も温泉です・:*+.\(( °ω° ))/.:+

分析書によると蛇口のお湯は46℃。確かに浴槽のお湯より熱く感じました。

続いて男湯をご紹介しましょう。

広いけど、やや殺風景な脱衣所。

男湯にもオリジナル化粧品が置いてあります。

女湯も十分な広さでしたが、男湯はさらに広いです。

男女共に外が見える作りになっていて風情があります。

男湯はリンスインシャンプーです。

本館にあるせいか、地下大浴場は空いてます。女湯はいつもぱー1人でした。

静かなのでぴーぱーは地下大浴場がお気に入り。新館の部屋からはちょっと歩きますが、のんびりお湯に浸かりたい方には地下大浴場オススメですよ♪

 

3階展望浴場

続いて新館3階にある展望浴場に行ってみましょう。こちらは6:00〜24:00まで入れます。

こちらも入口にフェイスタオルが置いてあります。

新しい雰囲気の脱衣所。マッサージチェアも置いてあります。

水サーバーもあり。

浴室は湯気が凄くて上手く写真撮れませんでしたが、

驚いたのは掛け流し量!!

部分的にジェット機能が付いてるせいもあるかもしれませんが、

浴槽からザーザーとお湯が溢れ出て床を流れていきます!

3Fのお風呂も蛇口、シャワー共に温泉です。

続いて男湯です。

宴会客の夕食が始まって、

ガランとした脱衣所。

ここにも同じ分析書が掲示されてます。

女湯と左右対称の男湯。

こちらも溢れたお湯がザーザーと床を流れていきます。

『3Fまでポンプアップしちゃってると、あんまり期待できないな〜』と思っていた展望風呂ですが、とにかくその掛け流し量に圧倒されましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ 浴槽のお湯は地下大浴場よりやや熱めの印象です。

これは憶測ですが、部屋の洗面台のお湯も温泉のような気がします。ちょっと塩っぱく感じました。同じことを朝食会場の隣の席の人も話してたので、案外当たっているかもしれません。

今回初めて知った二日市温泉ですが、お湯の良さに驚きました。二日市温泉の歴史については公式サイトに面白く紹介されていますので、興味のある方は公式サイトをどうぞ。

朝食

朝食は1Fの食堂で7:00〜9:00の間に食べられます。2Fの部屋からは階段で降りると便利です。

昨夜の宴会客は、別会場で朝食準備がされてました。良かったです。

朝食はセットメニュー。食堂に入って人数を告げると、適当に空いてる席を指定されます。

最初からこのセットが用意されていて、

席に着くとご飯とお味噌汁を持って来てくれます。

その他、サラダバーと、

ドリンクバーもあります。でも牛乳はなし。

コーヒーはマシーンで作るけどインスタント(だと思う)。つまりバリスタです。コップも紙コップで、一瞬どれを使ったらいいのかわかりませんでした。

朝食は長テーブルで、端から詰めて座らせるので隣の家族と相席みたいです。タイミングが悪かったのかもしれないけど、落ち着いて食べられませんでした、、、。

客室係の女性は感じが良かったけど、朝食会場のスタッフは無愛想。これは他の人の口コミでも数件見かけたので、他の人も感じてるようです。

食事内容は悪くないけど、あんなに窮屈な思いをしながら食べるなら素泊まりの方がいいですね。でも、大観荘には素泊まりプランはないんです。残念、、。

泊まった感想

とにかくお湯は良いです。二日市温泉街には安価で入れる立ち寄り湯も何軒かあるようなので、宿泊しなくてもお湯だけ楽しむこともできますよ♫

大観荘は、施設は古いですがその分宿泊料金は抑えめ。連休中でも驚くような値上げもしないので穴場の宿泊先だと思います。

博多への電車でのアクセスも悪くないようなので、出張で博多に行かれる温泉好きの方、足を伸ばして二日市温泉泊とかいかがですか?



Translate »