湯守 ホテル大観(つなぎ温泉)

湯守 ホテル大観(つなぎ温泉)

2018年6月訪問

盛岡の奥座敷、つなぎ温泉をご存知でしょうか?ぴーぱーは10年以上前に訪れたことがありましたが、大勢での旅行だったので、ほとんど印象に残っていませんでした。

この度、盛岡周辺で泊まる宿を探して改めてつなぎ温泉について調べてみると、歴史も古く湯量豊富な温泉なんですね。これは、もう一度確認しに行ったほうが良いのでは!?

今回つなぎ温泉で選んだ宿は、湯守 ホテル大観。公式サイトには

毎分700リットル
湯量豊富な本当の源泉100%かけ流しを寛ぐ

と書かれています。 

というわけで、やってきましたホテル大観。御所湖畔に佇む大型ホテルです。

建物下にも駐車場がありますが、下の写真右側のスロープを上がって行くと玄関があり、

その奥にも駐車場がありました。こちらの駐車場の方が玄関に近いです。

荷物を持って入り口に向かいます。

さっそく玄関脇に温泉のお出迎え。

ここで宿の歴史や、

お湯について勉強してから中に入りましょう。

広いけどやや地味な印象のロビー。

中に入るとすぐに荷物を台車に乗せてくれました。

フロントの奥にはこのようなロビースペースも。

チェックイン手続き後、台車を押して館内の説明をしながら部屋まで案内してくれました。

 

お部屋

お部屋は本館の9Fでした。

今回じゃらんから予約したのは

プラン名:お部屋おまかせ!1泊朝食プラン
部屋タイプ:【お部屋指定なし★喫煙】和室または洋室または和洋室のいずれか
日曜泊:1人 / 7,560円(入湯税別)

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

部屋タイプは “喫煙” になっていましたが、”できれば禁煙希望” とリクエストしておいたら「空きがあったので禁煙部屋にしておきました」と言ってくれました。ラッキー♪

そして “お部屋おまかせ” だったので、どんな部屋なんだろう?と思っていたら、、、

ん?

ひ、広い!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

”殺風景に広い” とも言うけれど、とにかく広いです!!

ベッドの奥には、

化粧スペースもあります。

窓からの眺望は御所湖。

頑張れば岩手山も見えます。

素敵なベッドスペースですが、この柱がちょっと邪魔。

夜、トイレに行く時とか危なくないですかね!? ベッドはシングルサイズです。

入口の方に戻ると、

暗いけどリビングスペースもあります。

部屋の割に小さいテレビ。 緑茶のティーパックと、サービスのペットボトルのお水が置いてありました。

冷蔵庫の中は空。大きい冷蔵庫です。

テーブルの上にはお茶菓子と貸切風呂の案内。

下の写真、右手のドアを開けると、

ウォークインクローゼット。ここに金庫、スリッパ、

浴衣類がありました。

クローゼットの向かいのドアはユニットバス。

アメニティも色々置いてありました。

思いがけず広い部屋に、はしゃぐぴーぱー・:*+.\(( °ω° ))/.:+ Wifiもサクサクに繋がります。本館フロアはこのようになっていて、906~908の部屋だと御所湖&岩手山が正面に見えると思います。

 

大浴場

館内を見学しながら大浴場に行ってみましょう。

ホテル大観は2Fがフロントになります。大浴場や売店に行く時も2Fでおりてください。

2Fでおりると、すぐに売店があります。

売店の向かい側には眺めの良いカフェとレストランがありました。

公式サイトによると、レストランはランチ営業もしているようです。お風呂だけでなく食事に来る人もいるのかもしれません。カフェもレストランも、天気が良ければ眺望抜群だと思います。詳しくは公式サイトをどうぞ。

大浴場は、さらに奥に進みます。

大浴場は、別館 秀翠館にあるようです。

秀翠館には、和食処 義家があります。こちらは夜のみ営業。

“朝食のみプランにして義家で夕食をとる” という手もありますね。

お隣にはカラオケボックス。

整体サロンもあります。

自動販売機もありますが、

アルコールは売店でお買い求めください。

ようやく大浴場の入り口に辿り着きました。部屋からここまですごーーく遠かったですd( ̄  ̄)

指宿いわさきホテルほどではありませんが、お風呂がそれほど好きじゃない人だったら1回来たら懲りるのでは!?

距離に不満はありますが、とにかく行ってみましょう。 女湯は左奥が入口。男湯は階段で1Fにおります。

そうそう、女湯の前には昭和ロマンcafeなるものがあり、前を通ったら懐メロがかかってました。

ようやくお風呂です。こちらは男湯の入り口。

中に入ると “お湯へのこだわり” が掲げられています。

高まる期待!!

しかし撮影禁止、、、、

残念ですが文章のみでご紹介しましょう。公式サイトによると、お湯は源泉温度54℃、PH9.0の単純硫黄泉です。

一言でいうと、お湯サイコーーーー・:*+.\(( °ω° ))/.:+

内湯はすごく広いです。掛け流し量は半端なく、透明なお湯に大きめの白い湯の花が舞うヌルヌルのお湯で、ほんのり硫黄臭が漂います。浴室の入り口にはシャンプーバーも設置されていますが、洗い場に常設されている物もオーガニック系のこだわりシャンプーです。

女湯は、内湯の横に半露天風呂があり打たせ湯付き。小さめですが、浴槽が深くて気持ちの良いお風呂です。女湯にはもう1つ露天があり、内湯とは違う入り口になります。

公式サイトによると “薬師の湯” と呼ばれるようで、女湯の入り口を入ったところで分かれますので見落とさないようにしてください。薬師の湯にも簡単な脱衣スペースはありますが、パウダーコーナーはありません。

薬師の湯はとても大きい露天風呂で、裏山から直接源泉を引いてるのかな!?と思われる造りです。

とにかくお湯サイコーーーー・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ホテル大観のお湯が良いのか?つなぎ温泉全体のお湯が良いのか?はわかりません。

部屋からお風呂までが遠いのは難点ですが、それでも何回も入りたいお湯でした。

 

朝食

朝食は7:00~9:00まで1Fの宴会場、秀峰でバイキングです。

その日は団体が泊まっていたようで、会場は激混みでした。

さて何を食べようかな!?

まずは漬物がお出迎え。

どちらかというと和食中心のメニュー構成のようです。

定番のソーセージとベーコン、スクランブルエッグ。洋食メニューはこれだけだったような!?

サラダとフルーツ。

パンは食パンとロールパン。

公式サイトのおすすめメニューに載っていた

Menu01 出来立て新鮮!フレッシュトマトジュース
トマトが苦手な方でも、これならイケると大評判!

だそうですが、トマトジュース苦手なぱーはイマイチでした、、、

Menu02 ふわふわホカホカの厚焼き玉子焼き
料理人がお客様の目の前でお作りいたします。

ぱーはオムレツか目玉焼きの方が好き♪

Menu03 濃厚なのにまろやかな岩泉ファーム 岩泉ヨーグルト
岩手県産の厳選された生乳を原料とし、製法までこだわりぬいた有名なヨーグルトです。

これは美味しかった。

Menu04 おかわり自由盛岡三大麺 わんこそば
祖先から伝わる「おもてなしの心」から生まれたわんこそば。
一口大に小分けした香り高いおそばを、何杯でもご賞味ください。

ちょっと地味で目立たないけど、麺好きぱーには嬉しい一品♬

壁沿いにはドリンク類が並びます。

コーヒーもありますよ。←部屋には持ち帰れません

持ってきた品を見ても、やっぱり地味。正直あまり食べたいものがなかったです。

でもカレーがあったから、一応満足。

デザートを頂く頃にようやく周りが静かになりました。

泊まった感想

とにかくお湯は最高でした・:*+.\(( °ω° ))/.:+ それだけでも再訪したいと思える宿です。

ただ、大型ホテルなだけに人が多くて落ち着かないのが残念。その日は団体客が泊まっていたので、なおさらそう感じたのかもしれません。

朝食バイキングは、公式サイトを見て楽しみにしていたほどの内容ではなかったです。素泊まりプランはありませんが “あれなら食べなくてもいいかなー” という品揃え。夕食バイキングはどうなんでしょうか。

“盛岡ICから車で15分” と便利なつなぎ温泉にあるホテル大観。料理はそこそこかもしれませんが、コスパを考えたらオススメできる宿だと思います。

是非一度、ホテル大観のお風呂に入ってみてください。日帰り入浴もありますよ♪



Translate »