ちどり荘(紫尾温泉)

ちどり荘(紫尾温泉)

2018年5月訪問

今回ご紹介するのは、紫尾温泉 ちどり荘です。

ぴーぱーは初めて聞いた温泉ですが、なんでも神社の下から源泉が湧いていて「神の湯」と呼ばれているとのこと。そして口コミ等によると「お湯は最高!!」なんだそうです。

これは行くしかないでしょう。

というわけで、薩摩郡さつま町の紫尾温泉、ちどり荘にやってきました。

到着は夕方になってしまいました。

写真は翌朝ですが、夕方の駐車場はほぼ満車でした。

立ち寄り入浴客も行き交うロビー。

フロントで名前を告げると、部屋まで案内してくれました。

 

お部屋

お部屋は階段を上がったすぐの部屋でした。

今回じゃらんから予約したのは

プラン名:温泉好き*ご夫婦・カップル*アーリーインで温泉三昧
部屋タイプ:和室6~8畳
連休中泊:1人 / 9,500円(入湯税別)

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

古いことは承知してましたが、なかなか渋い部屋にびっくり。隣の部屋との境も襖かと思いましたが、一応壁があって良かったです。

テレビの下には、マンガ本と宿のパンフレット。それらに紛れてティッシュも置いてあります。

窓の外は広いベランダで、両隣の部屋と繋がってます。

昔は湯治宿だったのでしょうか? 洗濯物がたくさん干せそうな、大きなベランダです。

お茶菓子はありません。

バスタオルもなし。

これは事前に承知してたので持参しました。バスタオルとドライヤーは貸出だそうです。じゃらんの補足事項に「必要な人はお申し出ください」と書いてありました。

案内してくれた女性(多分、女将さん)は「それじゃあ、夕食は18時から下の広間でお願いします」と言って、帰っていこうとするので「え?(・∀・) 」

「ちょ、ちょっと待って((((;゚Д゚))))))) 食事は部屋食って書いてありましたけど!?」と慌てて抗議するぱー!!

プラン内容に

≪お食事≫

当館は<地産地消の宿>に認定されています!野菜はほとんど「さつま町」産の新鮮野菜!地鶏、鹿刺し、山太郎ガニの味噌汁(出汁が絶品♪)川海老などの中から、季節ごとに手に入る、地元の旬の食材をふんだんに使った薩摩の郷土料理をお楽しみください。

★朝食は素朴な和定食をご用意致します。

★夕食・朝食はお部屋にてご用意致します。

って、書いてあったから予約したんです! ←じゃらんで確認して!!

そうすると、他の部屋からも同じ内容の抗議をする男性が現れました。彼はスマホで予約内容を示しながら「僕も朝夕部屋食ってなってるんですよね〜、、」「ですよね、ですよねー(・ω・;)」

すると、女将さんは階下に確認しに行き「わかりました。では、夕食はお部屋にお持ちします」という結論になりました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

一応「あのー、朝夕部屋食ってなってましたけど?」と言ったら「すみません、朝食は勘弁してください」と言われたので、男性と顔を見合わせ「僕はいいですけど」というので、ぱーも「わかりました」と承諾。

これにて、一件落着となりました。

おそらく、普段は部屋食にしているんだと思います。(部屋食だった、という口コミもあった)ただGWで宿泊客が多く、人手が足りなかったのかもしれません。

ちなみに、他のプランも
★夕食はお部屋(~2名様)または個室(3名様~)、
朝食はお部屋(~2名様)又は広間(3名様~)でご用意致します。
と書いてありますが「広間食で不満だった」という口コミを見ました。そもそも、個室なんかあったかな、、!?

 

大浴場

最初につまづいた感のあるちどり荘ですが、最大の目的は温泉です。館内を見学しながら、楽しみにしていた温泉に行ってみましょう。

まず、部屋を出るとこの廊下。そうそう、部屋の鍵は「ねじ式」です。開け閉めしにくいので頑張ってください。

廊下にあったシンク。湯治宿の名残りでしょうか?

冷蔵庫に「冷たい水入っています。御自由に飲んでください」と書いてあったので、開けてみると、、

えっ!空いたペットボトルに水を入れて、冷やしてくれてるんですか!? Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

有り難いけど、ちょっと飲めません、、、、、(u_u;)

その横に、洗面台とトイレ。

トイレはなんと!男女共用!!(>人<;)

“明日この宿を出るまで、この男女共用トイレを宿泊者全員で使わなければいけないの?” と思い、絶望するぱー(・∀・;)

しかも、公衆トイレ並みにクサイ、、、、、、、、、、。

ガックリ肩を落として階下におります。

すると、お風呂の近くに男女別のトイレ発見・:*+.\(( °ω° ))/.:+

立ち寄り湯の人も使うから、中も多少キレイ。

しかも洋式と和式2つありました。

神様ーありがとうございますーーー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ちなみに男性用トイレもあります。ウォッシュレットはないけど、男女共用トイレはちょっと、、という方は1Fのトイレをどうぞ。男性の個室はこんな感じです。

トイレ問題で紹介が遅れましたが、ソフトドリンクの自販機は入口の外に設置。

アルコールはロビーで手動販売してます。

ようやくお風呂です。

入口に掲示してあった分析書の源泉名は紫尾1号。

紫尾温泉には他にも数軒の宿があり、じゃらんの温泉情報ではどこも「掛け流し」になっています。

しかし、ちどり荘のトップページには

紫尾温泉の中でも100%源泉かけ流しは当館だけ!お肌のつるつる感・湯上りの爽快感が好評の、紫尾神社から湧き出る“神の湯”と地産地消に拘ったの手作り料理の数々を心ゆくまでご堪能下さい。

と書いてあったので、ちどり荘を予約したわけです。その上、部屋食だったし♪

真意のほどはわかりませんが源泉名は紫尾1号、源泉温度50.3℃のアルカリ性単純硫黄泉です。そしてなんと、PH9.4!!楽しみー♪

まずは男湯からご紹介。

シンプルな脱衣所。

脱衣所にも分析書が掲示してありました。

明るい浴室。浴槽はそれほど大きくありませんが、旅館の規模から考えたらこんなもんでしょう。

お湯はPH9.4だけあって、ぬるぬるです。ほんのり硫黄臭がします。

温度が安定せず使いにくかったシャワー。数人で同時に使うと、さらにヒドイ、、。

手書きのシャンプーとリンス。ボディソープは固形石鹸のみ。

1人サイズの露天風呂のお湯は、さらにぬるぬる。

女湯の露天と隣り合ってるので、夫婦らしき男女が露天で垣根を挟んでおしゃべりしてました。

続いて女湯です。

シンプルさは男女一緒。ドライヤーは貸出で、ティッシュも置いてありません。

浴室も男女一緒です。

1人サイズだけど、気持ちの良い露天風呂。

お湯はかなり良いです。入浴後はお肌がすべさらになります♪

先日泊まったホテル桃晃のお湯も同じでした。ちどり荘から出水市は車で30分位なので泉質が似ているのかもしれません。

1つ気になったのは、内湯の給湯口にコップが置いてあったこと。これはつまり「お湯、飲んでみて♪」ってことですよね。

でも、脱衣所には「飲用許可無し」の貼紙。

これは一体、どういうことなのでしょうか?(・ω・;)

 

夕食

約束どおり、18時頃夕食が運ばれてきました。

ジャン!!これが「地産地消の宿」の料理です。

お品書きなんてものは勿論ありませんし、料理の説明もなかったと思います。ボリュームはありますね。

宿に入った時からエビフライの匂いが充満してたので、『夕飯はエビフライかな!?』と思っていたら、大当たり!!焼き魚はなんだか覚えていません。

地鶏(?)のタタキ、煮物、キビナゴの刺身。ゴーヤチャンプルーの小鉢もあります。

茶碗蒸しは塩っぱかった、、、。

写真が切れちゃってるけど、ご飯は炊き込みご飯。このご飯も塩っぱかったです。

写真撮り忘れましたがお吸い物があって、麺つゆみたいな味でした。薩摩の郷土料理というのは、全体的に塩っぱいんでしょうか!?

朝食

朝食は、確か朝8時〜と言われた気がします。

ちょっと前に広間に行くと、もう食事を始めてるご夫婦もいました。

部屋番号が書いてあったか?それとも、2人分セットされてるテーブルならどこでも良かったのか?よく覚えてませんが、席に着きます。

席に着くと、各テーブルごとに鍋に入ったお味噌汁を持ってきてくれます。

ご飯は2つのお釜から食べ放題。

おかずは質素ですが、ある意味ご飯がススムメニューばかり。お味噌汁も1人2杯分はあるので、気前良し♪

お腹いっぱいになりました。

泊まった感想

たまに、安さに惹かれてトイレなしの部屋に泊まることがあります。そんな時も、大抵は1晩くらいならそれほど不都合なく過ごせちゃうんですよね。最近はどこも、それなりにキレイにしてるし。

ただ、今回は痛い目にあいました!!

今回の教訓:連休中にトイレなしの部屋はやめるべしd( ̄  ̄)

空いてる時ならまだしも、連休は宿泊客が増えるので共同トイレはやっぱり気を使います。反省、反省、、、。

温泉は良かったです。泉質最高!!できれば次回は他の宿に泊まって、紫尾温泉のお湯をもっと堪能したいです。

番外編

チェックアウト後に周辺を散策してきました。

まずは、ちどり荘のすぐ横にある紫尾神社。それほど大きい神社ではありません。

それでも、ぴーぱー以外にもお参りしてる家族がいました。

本当にここから源泉が湧いてるそうです。

紫尾神社の隣には、200円で入れる大衆浴場がありました。(詳しくは紫尾温泉組合の公式サイトをどうぞ)

足湯や、

飲泉所もありましたよ。ここは飲泉OKだそうです。

大衆浴場の周辺に、数軒の宿がありました。事前にそれらの公式サイトもチェックしていたぱーは、外観を見て『えっ!? ここがあの宿!?』と思うくらい、どこも地味でした(失礼)。もしかしたら、内装はリフォームして格好良くなっているのかもしれませんけどね。

改めてじゃらんでチェックしてみると、周辺の宿では大型連休以外は素泊りや朝食のみプランもあるようです(ちどり荘も同様)。

今回は紫尾温泉の中でも100%源泉かけ流しは当館だけ!の言葉に惹かれてちどり荘に泊まったけれど、次回行く機会があったら、他の宿のお湯も確認してみたいです。

かなり山奥ですが、トロトロの神の湯を一度試してみてはいかが!?



Translate »